スポンサーリンク

香港日帰り旅!HSBC開設・オフショア契約・グルメ旅の記録!

HSBC香港銀行

最近、読者の方から

オフショア投資やHSBC香港銀行の口座を開設したいけど‥香港へ行く時間がない‥

という方がよくいられますが‥

NEOは日帰り(0泊2)で香港へ渡航しましたよ!

と言うとビックリされる方が多くいられますが‥

HSBC香港銀行普通口座・投資用口座を開設し、オフショア金融商品の契約まで、

全てのスケジュールを慌てず、観光も兼ねて滞りなく実施できます。

これから、HSBC香港銀行の開設やオフショア投資を検討されてる方の参考になればと思い、

どのようなスケジュールで旅して来たのか、まとめさせてもらいます。

かなり楽しい旅でしたよ^_^

スポンサーリンク

日本出発は深夜便

私の最寄の国際空港は羽田です。

深夜0時過ぎのフライトだったので、22時のチェックインに間に合うように、ゆとりを持って自宅を出発しました。

到着した空港はガラガラ

Wi-Fiのレンタルや入国手続きもすんなり終わらせる事が出来ました。

その後はラウンジでのんびり。飛行機が好きなので、コーヒーを飲みながらゆっくりしていました。

出国時の税関申告

今回、100万円以上ハンドキャリーで香港へ持ち込むため、税関で申告をしました。

ここでしっかりとした税関で続きをして、申請書に印をもらっておかないと、

HSBC香港銀行に入金する際、断れる可能性が大いにあります。

羽田の税関は、出国手続きは終わった真正面にあるのですが、

ディスクは小さく、申告をするという意識で見ていない限り‥気がつかないのでは?と思うほど、こじんまりしていました。

職員の方はとても丁寧で、初めての申告も何も問題なく、質問しながら申告書を仕上げる事ができました。

この日は空気が澄んでおり、横浜の夜景が本当に綺麗でした↑



香港国際空港に早朝に到着

フライトは5時間くらいでしたが、寝ていたらあっという間でした。

話は聞いていましたが、香港国際空港は案内や動線もわかりやすいため全く迷わず、すんなり入国ができました。

私が渡航した、2018年の1月は香港での税関申告は不要だったため、そのままスルーしましたが、

お入国した際にもらうチケットのような紙は、入国を証明するもので、

それはオフショア金融商品を契約する際にとても大切な物なのでとっておいた方がいいです。

フリーWi-Fiやコンセントもあり、綺麗で動線もすばらしい‥香港国際空港をすぐに気に入ってしまいました

エアポート・エクスプレスで都心部へ

空港から直結してエアポート・エクスプレスに乗られるため、

オクトパスというカードを買い、チャージをしてエクスプレスに乗りました。

電車内はフリーWi-Fiやコンセントもあり、本当に快適でした。

景色を楽しみつつ、あっという間に都心部に到着となりました。

HSBC香港銀行・口座開設に挑む

なかなか仕事も休まず、渡航できるチャンスも少ない事から、サポート会社を依頼していました。

その方と待ち合わせ場所で合流し、英語力のテストと当日の流れなどを確認し、

9時からの開店備えて、少し早めに店頭に行ったのですが、すでに列が出来ていました。

開店後、案内の人に口座開設をしに来た旨を伝えると、個室に案内され、口座開設の作業が始まったのですが、

パスポートや提出書類を出し、銀行員の方がパソコンにいろいろと打ち込みながら質問を受ける形でした。

質問自体は、それほど難しいものではなかったのですが、

作業をしながらの質問のためか‥若干早口で聞き取り難い部分はありました。

そのような流れで、だいたい40分くらいで無事開設作業が終わり、なんとか口座を作る事ができたわけです。

HSBC香港銀行 投資用口座の開設

無事に普通口座は開設できましたが、次は投資用口座の開設です。

投資用口座は特にヒアリング等はなく、パソコンのアンケートのような物に回答を埋めていくだけで開設できました。

これはリスク許容度のアンケートで、どれだけ投資について理解とリスクを負う事ができるか?

について回答しました。

その後は、投資商品専門の銀行員さんが面談してくれ、とても有益な情報が聞けました。

ある程度目星をつけていたファンドの話は聞けたので、帰国後でも手数料は変わらず購入できる事から、現地では購入しませんでした。

丁寧にネットバンキングの操作方法まで教えてくれたので、帰国後ゆっくり吟味しファンドの購入ができました。



サポート会社って必要だろうか?

その答えは簡単です。

結果‥絶対に必要だった。

私の語学力もあるかもしれませんが‥サポート会社がいなければ、口座開設はできなかったかもしれません。

サポート会社の方がいなかったら、投資用ファンドの説明も銀行員さんがしてくれる事もなかっただろうし、

何より、普通口座開設後にインターネットバンキングの設定をするのですが、これが本当ややこしい‥

銀行内にあるパソコンで作業をするのですが、操作などを3回間違えてしまうとロックがかかってしまうからです。

その部分もしっかりサポートしていただき、帰国後も日本から出金できるように手続きしてもらったりと、本当に多岐に渡りサポートしてもらいました。

午後は、IFAに移動してオフショア金融商品の契約

午後はIFAに移動し、オフショア金融商品を2つ契約しました。

手続き自体は1時間ほどで終わりましたが、現在の香港の情勢や経済事情、海外から見た日本の現状などを、

プロの投資家の話を直に聞けて本当に勉強になりました。

この投資の他に、国内から契約できるオフショア積立投資もこちらのIFAを介して契約しているので、

今後の投資計画の話なども聞いてもらいました。

つくづく、実感したのは

オフショア投資を成功させるにはIFA選びで決まる

といっても過言ではありません。

私もオフショア投資を始める前には、様々人に相談し、何社のIFAにも直接相談しましたが、

私の契約しているIFAが1番対応が早く丁寧で、何に対してもレスポンスが早いです。

海外という遠い地で契約している投資商品ですがら、少しでも早い対応が1番だと思います。



グルメを堪能!

全ての契約が無事終わり、安心したのか‥ものすごい空腹感がやってきました。

郷に従えという事で、地元の方にオススメのグルメを教えてもらい、さっそくお店へ行ってみました。

着いてみると庶民的な中華料理店‥ローカル感が強い中‥お店に入ると‥やはり地元民でいっぱいでした。

私は鳥肉が好きなので、さっそく鳥料理を注文すると、少し時間がかかり出てきたメニューがこちら

めちゃめちゃ美味しかったです!

不思議な甘だれ醤油にも合いますし、そのままでも美味しかったです。

香港街中の散策・アウトレットへ

お腹も満たされてやっと香港の街中を散策へ‥

それまで口座開設や契約が上手くいくか‥不安だったため‥

なかなか景色を楽しむ余裕もなく‥やっと落ち着いて観光を楽しめる心のゆとりができました。

せっかく香港に来たからには有名な景色がみたいと思い、

香港島と九龍半島の間にある「ビクトリア・ハーバー」へ。

せっかく見に来たのに工事をしており、海沿いまでは行けませんでしたが‥

それらしい景色は見られたので満足でした。

その後は、空港近くのシティゲートアウトレットへ。
アウトドアブランドやスニーカーが大好きなため、

香港ではどのくらいの相場で販売されているのか?

とても興味があり立ち寄ったものの‥私の感想は、

まったく安くない‥

観光地価格なのか‥普段からバイヤー価格で商品を見ているためか‥

これには期待はずれでした‥

本当に楽しい香港国際空港・お土産・グルメ

香港国際空港は、本当に大きく、たくさんのお店やグルメがあるので出発まで有意義に時間を使うことができました。

お土産にディズニーストアーに寄って、香港ディズニーランド限定グッズを買って、また夜ご飯も鳥肉のご飯を食べました。

その他にも海老塩ラーメンを食べたのですが、どれも絶品でした。

空港なので値段も高いのかと思ったのですが‥街中より値段も安く、クオリティーも高いので‥

街中の変なお店に入ってしまうなら空港ご飯が1番良いなぁ‥と感じました。

まとめ

私の1日のスケジュールを記載しましたが、大まかに

午前中にHSBC香港銀行開設

午後にオフショア金融商品を契約

夕方にアウトレット買い物、食事

夜、香港国際空港を満喫

と、本当に充実した良い時間を過ごせました。

質問でいただく

香港に行く時間がない‥

HSBC香港銀行‥本当に口座開設できるのでしょうか?

という事に自信を持って、
大丈夫です!

と言えるのは、私自身がちゃんと日帰りで投資商品を契約でき、HSBC口座開設ができたからです。

年々厳しくなっていく、
HSBC香港銀行口座開設、オフショア投資‥

日本の金融庁の圧力があるのも事実でしょう‥

行動を起こしてみると‥意外にも順調に終わったと思えますよ。

HSBC香港銀行口座開設にチャレンジしてみたい!
オフショア投資をしてみたい!

と思っている方がいられれば、気兼ねなくご相談ください。



コメント