スポンサーリンク

人生において何を大切にするのか?何を充実させるべきかを考えた

ライフスタイル

今回のコロナウイルス感染拡大により…生活も仕事も大きく環境が変わったと思います。

 

自宅で過ごす時間が増えたことにより、いかに【時間】というものを重視すべきなのか?

 

そのために何をすべきなのか?仕事とは?そのようなことを自分の中で精査することもできました。

 

日常ではあまり考えることができなかった上記のようなことも考えることができ…

 

新たな気がつきや考えも生まれ、これからの生活を充実させるキッカケとなった考えをまとめてみます。

 

スポンサーリンク

人生において何を大切にするのか?何を充実させるべきか?を考えた

今回大きく2つのテーマについて考えてみました。

 

それが【お金】【人間関係】についてです。

 

人生においてとても大きいこの2つについてまとめてみます。

 

 

お金に優先順位をつける

資産運用をしているのでお金については他の方よりはシビアな方かもしれません。

 

毎月の余剰金で株やETFを買い付けているわけですが…

 

その目的は【セミリタイア】するためであり、その実現を早くする方法はこの余剰金を多くすること以外ないと思っています。

 

この余剰金を多くするための最短方法は所得(給与)を増やすことなのですが…

 

サラリーマンであればすぐに給与が増額することは現実的ではないため…

 

やはりこの余剰金を増やすためには、日常生活の中から捻出する必要があると思うのです。

 

家賃・住宅ローン、光熱費、交際費などの必要経費から残ったお金が余剰金となりますが…

 

やはり見直しや節制できる部分は交際費などの費用だと思います。

 

食費なども節制ができると思いますが…今回のコロナウイルスの感染拡大により自宅で家族と食事する機会が増えたことで感じたのは…

 

投資をするためにこのような費用まで節制する必要はないのでは?ということです。

 

うまく表現ができませんが…決して贅沢をしよう!ということではなく…

 

家族などが充実して過ごせるのであれば、多少の費用がかかろうと資金を使った方が充実が得れるのでは?と感じているのです。

 

例えば少し良い国産のお肉を買うとか…天然素材の身体に良いものを買うとか…

 

包丁や調理器具も良いものを買うことで料理が楽しくなり、食卓も豊かになるならそれは素晴らしい投資だと思うのです。

 

投資に強い意識があった自分は…将来に備えて投資資金をいかに増やすか?を常に考えていましたが…

 

今回自宅や家族と過ごす時間が増えたことにより…

 

今をいかに大切にして充実させるのか?が重要なんだと大きな心変わりを感じることができました。

人間関係に優先順位をつける

どんな人とも仲良く心を通じ合うことなどできない!…これって現実だと思います。

 

ですが…仕事であれば職場の苦手な人ともコミュニケーションを取らないといけません。

 

ただ、今回のコロナショックでプロジェクトや企画が中止になる過程で…

 

職場の人間関係はごく一部の人を除いて、あくまで仕事の業務で繋がっていることを改めて認識できました。

 

このように気持ちがと割り切れたことは、とても大きかったです。

 

【仕事のための付き合い】を抜きにした時…人間関係の距離感は【関心】のレベルで決まると感じました。

 

自分の中で関心が大きい順に整理してみると…自ずと大切にしているものが順番に並ぶと思います。

 

私の中では妻や子供、親族、知人友人、近所の人、職場の人という順番になり…

 

さらにそこから…職場の人にも距離感の順番があることがわかりました。

 

なので…もし職場に苦手な人がいたとしても、その人が自分の大切にしているものに対して与る影響など…実は皆無なのでは?と感じたのです。

 

つまりは…関心の順番で並べると、後ろにいる人間関係が先頭にいる自分の大切な家族などに影響を及ぼすことなどない!!とある意味でさっぱり割り切ることができたのです。

 

まとめ

【沈黙は金】、【口は災いの元】なんて言いますが…

 

いかエコに仕事をして、プライベートを充実させるか!が重要のように感じます。

 

セミリタイアを目標にしていますが…そのために多くの資金を投資へ優先し過ぎてしまい…

 

日常生活の負担になってしまうのであれば…本末転倒のように感じます。

 

まずは、今を大切にして健康で過ごせる時にこそ…家族や自分のためにお金を使うことが重要だと思います。

 

お金を稼ぐことより…どのように使用するのか?に意識を集中させて、今後も投資をしていきたいと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。