スポンサーリンク

資産をどのように守るか?国内・国外の投資の活用方法について

オフショア投資

今…銀行にある資金がこれからも安心して預金し続けれるのか?そんなことを時に思うことがあります。

 

預金だけならできるかもしれませんが…間違いなく10年後…20年後にはその価値が等しく存在している、ということはないと思っています。

 

そして、目先のことであれば…

 

安倍総理が突如辞任し、これまで実施されていた経済政策が継続されるのか?

 

そして消費税は…?

 

そんな不安定な情勢の中でも、将来を見据えて個人的に実施できる資産対策について考察してみました。

 

 

スポンサーリンク

資産をどのように守るか?国内・国外の投資の活用方法について

日本にある円資産をどうするか?

みなさんは日本円の【円】に対して…どれだけ信頼をおいていますか?

 

私の率直な感想は…

 

「信頼していないわけではないけど…結構不安…」という…何とも中途半端な想いを持っています(笑)

 

これから先も日本に居住し、円を使い続ける身としては…円は切っても切れない関係にあります。

 

ですので、すべての資産を外国資産や外貨に替えるということは現実的ではなく…

 

やはり適度に分散させ、一部の円を投資商品や外貨に替えておく必要があると思っています。

【円】資産のキャピタルフライトを考えてみては?

私が実施している海外での資産運用方法は大きく3つあります。

 

・海外銀行でファンド運用
・クレジットカードを使ったキャピタルフライト
・安定したオフショア金融商品での長期運用

 

 

海外銀行でファンド運用をする

この方法は海外の銀行口座を開設する必要がありますが…もっとも有益な運用方法だと思います。

 

私も3年前に香港へ渡航し、HSBC銀行の口座を開設しました。

 

活用方法でもっとも確実で、リスクが少ないのは…

 

日本からトランスファーワイズなどの海外送金会社を利用して定期的に円を送ることです。

 

これだけでも確実な資産の分散になると思います。

 

そして、HSBC銀行で購入できるユニットトラスト(投資信託)へ投資し、分配金を好きな通貨で受け取るようにしておけば…

 

自動で外貨が海外銀行口座に増えていくスキームを作ることができます。

クレジットカードを使ったキャピタルフライトを実施

一番手間がかからず実施できるのが…このクレジットカードを利用したキャピタルフライトだと思います。

 

オフショア金融商品で積立投資ができる商品と契約すれば…あとは自動で毎月のクレカ決済で投資ができます。

 

イメージとしては…楽天クレジットカードを利用して、楽天証券でつみてNISAを実施しているような形です。

 

運用が米ドル建てであれば、毎月ファンドへ米ドルが積立られていくので…私は外貨預金のような感覚で実施しています。

 

ネガティブな点としては、好きな時に引き出せない、運用会社の倒産等のリスクもありますが…

 

開始するのに1番ハードルは低いので、どうしても海外投資がしたい!という方には良いと思います。

 

ただ、その時は無理のない運用期間と積立投資金額で実施することが大切です。

 

 

安定したオフショア金融商品を契約し、一括入金の長期運用をする

この場合は、まとまった資金の移動が可能ですが…現在では厳しい現実があるかもしれません。

 

私が契約した3年前は空港でしっかり税関申告するだけで、ある程度の資金の持ち出しが可能でした。

 

そして香港では…当時税関申告がなかったので、現金を大事に抱っこしているだけで入国ができました。

 

現在もハードルは高いとはいえ…しっかりルールを守り規定の金額であれば持ち込みは可能だと思うので…方法としては一番安心かもしれません。

 

その際に投資をする商品としては…高格付けの運用会社で、安定運用と各種保障がついている商品を購入した方が確実だと思います。

 

まとめ

コロナウイルスの感染が拡大し、以前のように人も物も自由に往き来できない状況下にあります。

 

このような時はクレジットカード決済によるキャピタルフライトが一番容易な方法かもしれません。

 

そして、将来の為替動向なんてわからないと考えているので…

 

若い時から海外銀行に米ドルを保有しておき、一部の資産は投資に回しておくことで…【円】へのリスク分散が可能だと思います。

 

今後、米国や中国を筆頭に通貨はデジタルへ移行し、これまでの概念が大きく変わっていくはずです。

 

ですか…世界の基軸通貨が米ドルである以上、世界中の国が米ドルを買い、外貨準備として保有している現実を見てみると…

 

しばらくの間は、大きく通貨の実情は変わらないと楽天的に考えています…

 

というより想像ができないので、現在のベストを選択するという道を選んでいます(笑)

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。