スポンサーリンク

欧州で起きている事をもっと考えてみよう。【イタリア編】

危険な投資

皆様は日々のニュースをどのように入手されていますか?

NEOは主にネットニュースやSNSから情報を得ているので‥テレビからの情報はあまり見ていないのが現状です。

テレビのニュースは決して嫌いではないのですが、自分が得たい情報がなかなか放送されず‥

ずっと芸能ネタやパワハラ・セクハラ問題ばかりだと‥

 

NEO
NEO

さっきの特集でも見たのになぁ‥

となってしまい、端的に検索できて、好きな情報がいつでも見られる情報ツールを使っています。

その中で、最近特に注視してるのは、

欧州(EU)の政治的・経済的不安定

です。

この内容はあまりテレビで放映されていなく‥欧州は国も多い事からさまざま問題があるはずなのですが‥

今回はその中からイタリアをピックアップして、

NEOなりにまとめてみて、今後の投資方針や計画をどのようにするか、考えてみました。

スポンサーリンク

イタリアで何が起きたのか?

イタリアのマッタレッラ大統領は5月31日にポピュリズム政党と右派政党の連立政権樹立を認めた事で、数ヶ月続いていた政治空白も終止符が打たれました。

ユーロ圏で第3位経済大国であるイタリアが、欧州連合(EU)に懐疑的な考えを持っているポピュリズム政権が誕生したことは、

EUの結束にマイナスであり‥世界経済の大きなリスク要因にもなっていきそうです。

現在は情勢も落ち着いてきていますが‥これまでの不安材料であった

イタリアのEU離脱はまだ払拭されておらず、

イタリアでは国債が売られ、10年債利回りが3%まで上昇しました。



今後のEU離脱問題についてどう思うか?

NEOとしては‥イタリアに限らず、今後もEU離脱の離脱問題は各国で続くのではないか?と思っています。

EUは、ヨーロッパ各国と通貨と金融政策を統一しているものの、各国の独立性は保たれており、財政政策と統一されている訳ではありません。

こうした問題は今後も解決されないでしょうし、ヨーロッパの各国が、連邦制ですべて統一される事は到底あり得ないので、

EUを巡る問題は決してなくならないと考えています。

今後の投資手法は?

名だたる大富豪や投資家の中で、NEOが1番最初に名前が浮かぶのは‥ウォーレン・バフェット‥なのですが、

もう1人有名な投資家をご存知ですか?

その人がジョージ・ソロス氏です。

この人は

「再び大きな金融危機に向かっている」
「欧州連合(EU)は存続の危機にある」

と発言しています。

ですが‥これまでたくさんの〇〇ショックや地政学的リスク、貿易摩擦などがありましたが‥

全ての市場が壊滅し、経済が破綻した事があったでしょうか?

EUという地区にのみ株やファンドで投資をしてる場合は‥大きな損失を被るかもしれませんが‥

このような時に安全に投資を続ける方法は、やはり

・時間を味方にした投資
・分散投資

に限ると思います。

なのでNEOとしては、今後もこのような問題が出てきても驚くこともなく、

淡々と全世界株式ファンドにコツコツと投資を続けていきます。

まとめ

今回の経済混乱は、米国対北朝鮮、イラン政策、関税問題などに神経質になっていたところに、

イタリアの政治的混乱が表面化し、世界的な株価下落になったと思います。

そのような時にも

売らずに持っていても安心できる資産

を持っている事が重要だと思います。

それが人それぞれ、株、債券、投資信託などなどで違うだけです。

私はやはりインデックス投資家なので、今回の一件で、

これからもずっと市場に留まり続けられる投資を続けていこうと再確認ができました。



コメント