スポンサーリンク

オフショア投資の支払い方法には何があるか?海外に少しずつ資産を移そう!

オフショア投資

基本的にNEOの投資の考えは、時間をかけて確実に投資をして行く戦略を取っています。

短期売買で利益を出せたら‥そんなに良い事はないなぁ‥と感じていますが‥。

そのようなスキルを得るのは‥非常に難しいものがあります。

日々、ヘッジファンドや金融機関が市場の情報を集めて、血眼になって銘柄を選んでは投資をしていることを考えると‥。

NEOのような一般投資家は、時間をかけて確実に時間をかけて投資をする事が近道なんだと、最近は実感しています。

その中で最大の効力を発揮してくれるのはオフショア投資です。

日本から1番近いオフショア地域である【香港】の金融商品に投資をする事が確実に資産を増やす事の1番の近道になります。

では、オフショア投資商品を購入した場合‥どのように支払いを行うのか?

近年海外送金はとてもハードルが高くなっています。

ですが、確実に支払いを行える方法はあります。

一歩一歩進めていけばとても有意義な投資ができるのです。

スポンサーリンク

オフショア投資 支払い方法

現在、オフショア投資商品を購入したい際の支払い手段は↓

・クレジット決済
・現地銀行からの支払い

の2パターンです。どちらにもメリットデメリットがあります。



クレジットカード

何よりも資金を移行せず、オフショア地域に渡航せず投資商品を購入する事ができます。

クレジットカード決済のメリットは何より楽という事です。

一度クレジットカードを登録してしまえば、あとは自動で支払ってくれるので何もする事はありません。

また、ポイントが貯められるので普段から使用しているクレジットカードであれば有効に活用もできます。

デメリットは、オフショア投資商品の中に手数料が高い商品もある事です。

商品によっては3%程取られる会社もあるため‥使っているクレジットカードによっては、マイナス支払いになってしまう事もあります。

現地銀行から支払い

メリットは手数料が安い!というより、手数料がかかりません。

資産運用をする上でランニングコストの削減は成功の条件なので、手数料をより安く考える必要があります。

インターネットバンキングから支払う事も可能なので、手続きが大変という事はありません。

デメリットは‥銀行口座を開設していないといけない‥この事だけです。

香港にはHSBC銀行かスタンダード チャータード銀行の2行が有名ですが、この2つは現地に渡航しないと開設できません。

HSBC香港銀行開設

NEOが開設しているのは、HSBC銀行です。

渡航しないと開設できないから‥やめておこう‥

と思われる方が多いのも現実かもしれませんが‥日帰りでしっかりしたサポート会社に依頼すれば口座開設は可能です。

実際にNEOも、サポート会社に依頼して口座を開設できました。

英語力の問題も、事前にサポート会社が例文を送ってくれたり、ライン電話でテストしたりと手厚いです。

現在も口座開設のハードルは上がっている‥と聞いていますが‥。

行動だけで素晴らしい資産が手に入るのであれば、是非チャレンジしてもらいたいです。

まとめ

オフショア投資をしてみたい‥。

オフショア投資に興味がある‥。

という方はぜひHSBC香港銀行の口座を開設する事もセットだと考えてもらえたらと思います。

NEOはオフショア積立3本を、クレジットカード支払いとHSBC銀行に分けて支払っています。

HSBC銀行振込にしているオフショア生保積立は、手数料が高い会社対応にしています。

ですが‥支払うためにはHSBC銀行に残高がないといけないのですが‥その方法については、また後日まとめさせてもらいます。

オフショア投資をしながら、海外に資産を移し、その後の受け皿としてHSBC銀行を開設する事

これが王道です。

HSBC香港銀行から支払いもできれば余計な手数料もかからず、ランニングコストも抑えられ事ができます。

どんどん海外投資をして、有益な財産を海外にも築きましょう。



コメント