スポンサーリンク

HSBC銀行・投資用口座は情報の宝庫だと思う。

HSBC香港銀行

HSBC香港銀行で普通口座を開設する際に、一緒に投資用口座も開設できる事は以前からお伝えさせてもらっています。

読者様からも

・投資用口座って、どんな商品があるの?
・投資用の口座だけ作れないの?

などなど‥のご質問をいただきますが、

 

投資用口座のみは作成できません。

 

HSBC銀行は普通口座を作成してから、投資用口座の作成になります。

 

逆に普通口座さえ作成できれば、投資用口座はリスクアンケートだけで作成できます。

 

投資用口座は、数年単位で購入していないと凍結されてしまうとの事ですが、開設後すぐに購入をしないといけないわけではありません。

 

ファンド購入に対抗がある方でも有効に使える手段はあるのです。

 

スポンサーリンク

ファンドエクスプレスとは?

HSBC銀行・投資用口座は、株、ユニットトラスト(投資信託)、ゴールド、債券‥などなど多種多様な商品があります。

 

NEOが購入しているのは、ユニットトラストといわれるファンド商品です。

 

日本でいうと投資信託と同じ商品です。

 

この商品を購入する際は、現地窓口もしくはインターネットバンキングになります。

 

このインターネットバンキングですが、とてもわかりやすい作りになっています。

 

ファンドのリサーチ方法や投資分野ごとに運用成績の良いファンドが一目でわかるようになっています。

 

このシステムを【ファンドエクスプレス】といい、これを見てるだけでも面白く、こんなファンドがあるのか!と新発見もあります。




 

NEOはいつも、

今、世界のトップファンドはこのような市場に投資しているのか‥。

と大変勉強になり、気がつきがたくさんあるのです。

 

残念なことは‥このファンドエクスプレスは、投資用口座を開設しないと見ることができません‥。

 

日本であまり購入することのできない海外の超大手ファンドの運用実績や購入銘柄を見られるファンドエクスプレスは情報収集に適したツールだと考えられます。

 

・アリアンツ
・JPモルガン
・ブラックロック
・HSBCファンド

など、海外の素晴らしいファンドの運用実績をリアルタイムで見られる事は、とても有意義です。

 

投資用口座とはいえ、投資商品を購入する以外にも使える用途があるのです。

【まとめ】

海外投資は言語の壁や手続きなどで、ハードルが高く感じてしまうかもしれません。

 

何より海外投資と聞いただけで‥【怪しい】と思えてしまう気持ちは‥よくわかります。

 

NEO自身、現在も海外投資案件には慎重に考えていますし、オフショア投資以外に投資をする予定はありません。

 

他の投資と違い、行動するだけで利益が出るのであればぜひ一歩を踏み出し、有益な投資と情報を得られるような環境を作りましょう!



コメント