スポンサーリンク

これから投資すべき仮想通貨は【リップル】だと思う!

暗号資産・仮想通貨

日本の各大手の仮想通貨取引所に金融庁から業務改善命令が出ました。

今ようやく規制が本格的に始まり、ふと思うのは‥

 

NEO
NEO

今までどれだけセキュリティーが甘い中で取引してたんだろう‥

と痛感しています。

2017年秋から正月明けまで、爆上げムードだった仮想通貨業界‥2018年以降、ハッキング等の影響でかつての勢いはありません。

昨日からもビットコインに限らず、あらゆる仮想通貨価格が下落しています。

2018年は仮想通貨にとって【規制の年】になるでしょう。

その中でどの通貨が生き残るか?

NEOは今後、仮想通貨に追加投資はしません。すでに的を絞った2つの通貨にのみ投資をしました。

その内の1つはリップルです。

すでに仕込みは終わったので暴騰しようと暴落しようと、ただ相場を静観するだけです。

あとは、日々の仮想通貨関連ニュースはチェックして動向を見守り続けたいと思います。

スポンサーリンク

現在の市場は‥。

ネガティブなニュースが続く仮想通貨業界。

今やICOを含めると1000種類以上あると言われている仮想通貨の中でいったいどの通貨が日の目を見るのか?

ネガティブなニュースがあまりに多く‥ポジティブなニュースが出ても価格に影響しない‥。

これが今の仮想通貨市場だと感じています。

NEOが投資しているリップル

リップルに関して言えばポジティブなニュースが日々登場しますが、価格に大きく反映されている状況ではありません。

ですが、この仮想通貨の中でリップルこそが本当に淘汰され生き残る通貨だと確信しています。

なぜなら、リップルは各国の金融機関との提携を日々増やし続けているからです。

例えば、スペイン商業銀行の最大手銀行・サンタンデール銀行と提携し、国際送金アプリをリリースすることを発表しました。

このようにブロックチェーン技術を用いたクロスボーダー決済を大手銀行が実現していけば、さまざなメリットが生まれてきます。

海外へ銀行送金を行う場合は、多額の手数料や送金時間がかかるなどのデメリットがあります。

しかし、このリップルのブロックチェーン技術を採用すれば、ほとんど手数料がかからず、短時間で送金することが可能になります。

法定通貨では決してできない高速格安送金こそが、リップルでは実現可能なのです。



日本企業もリップルを採用している

2018年の夏以降に、住信SBIネット銀行とりそな銀行、スルガ銀行の三行が、リップルのブロックチェーン技術を採用した送金アプリ「Money Tap」の取り扱いを発表しました。

これまで他行宛の送金には必ず手数料がかかり、土日や深夜帯では着金に時間がかかっていました。

ですが、この送金を主力としたこのアプリを使えば、24時間365日いつでも低コストでの高速送金が可能となります。

リップルの強みは処理速度の速さ!

主要な仮想通貨の情報処理スピードは各々異なり、以下のようになっています。

・ビットコイン(BTC):1秒辺り7~8件
・イーサリアム(ETH):1秒辺り13~15件
・リップル(XRP):1秒辺り4,000件

情報処理スピードが速いほど、取引や決済が早く完結されるということです。

クレジットカード会社「VISA」の決済処理スピードが1秒辺り4,000~5,000件なので、現在の既に取り入れられているシステムに引けを取りません。

しかもリップルの場合は、ブロックチェーン技術により人件費というコストを削減できるのです。

まとめ

現在、価格がかなり下落している最中‥「よし!追加投資だ!」と思える人は‥ほとんどいないでしょう。

資金流入もかなり減ってきている現状‥これから仮想通貨投資で期待できるのは‥マイニング業でしょうか‥。

ですが、マイニングには

・機械本体が高額(200万以上)
・電気代などのランニングコスト
・仮想通貨の価格変動(BTC.BCH)
・機械・設備の故障

などのリスクが大きいです。これから仮想通貨価格(BTC.BCH)が大暴騰すれば、元を取れる日が早くなるとは思いますが‥年単位での投資は覚悟した方がいいです。

そして、何より詐欺案件が多すぎる‥信頼できる人がいるのであれば話は別ですが‥。

NEOもマイニングには興味も関心もありますが、何より初期費用の高さで断念しました。

それなら、将来性有望な仮想通貨を低価格で購入し、のんびり静観している方が気持ちは楽です。

株でいうバリュー投資法と同じ考えですが、仮想通貨の可能性と期待値がなくなったわけではないのです。

今はこれまで、追いついていなかった規制や対策の時期だと思い、乗り越えるべき時間だと考えています。



コメント