スポンサーリンク

仮想通貨を選ぶなら、中央集権?非中央集権?どちらがいいのか。

暗号資産・仮想通貨

ビットコインETFは先送りされ‥少し仮想通貨は値を下げましたね。

 

日々、仮想通貨情報は更新され、ボラティリティーの高い価格とどのように向き合うか?

 

NEOは、仮想通貨を3種類まで絞り込み、すでに仕込みが終わっているので相場を静観しています。

 

現在は、仮想通貨銘柄株へシフトし、確実に資産を増やしているところであります。

 

仮想通貨関連の銘柄は、値動きに一喜一憂するのでなく、長期目線で運用した方が良いと感じます。

 

そのような情報は、日々投資仲間から得てあるので、安心して取引ができています。

 

重要なのは、どの仮想通貨を選ぶか?

 

なのですが‥昨年のように、どの仮想通貨を購入しても利益が出る時代はとっくに終わってるので、

 

今後は、淘汰された2〜3種類の仮想通貨が残ると思います。

 

仮想通貨を選ぶ判断基準の1つとして、

・中央集権か?
・非中央集権か?

があります。

 

具体的にどのような事なのか?

それがこちらです。

 

 

スポンサーリンク

中央集権とは?

個人や団体が通貨のシステム、管理、操作などを直接的に実施しており、権限の場所が明確なことです。

 

現在の法定通貨に近い考えがこの中央集権です。

 

非中央集権とは?

通貨のシステムや管理などが特定の個人、団体に権限がなく、全員がその役割を担うシステムのことです。

 

この代表的なイメージこそがブロックチェーン技術になります。




仮想通貨=非中央集権なのか?

NEOは、

仮想通貨とは、非中央集権通貨を意味していると考えています。

 

これまでの法定通貨とは違い、非中央集権通貨の画期的なところは、

 

【既存のシステムや概念を覆し、新たな経済圏や秩序を構築して世界を広げる】

 

ことを目的とされているので、これまでにあった国と国との厄介な手続きや、書類なども必要なく、

 

リアルタイムで、世界中の人達とお金や情報のやり取りができるのです。

 

非中央集権通貨の問題とは?

仮想通貨といえば、どこの国にも所属しておらず、いつでも自由に取引ができるもの‥というイメージがありますが‥

 

本当に非中央集権通貨というとのは成り立つのでしょうか?

 

・全員で記録を管理して、保管しておくブロックチェーン技術‥

・誰かに特化していない‥どこにも所属していないはずの非中央集権通貨が‥突然の暴投暴落‥

 

仮想通貨投資をしている人であれば経験ありますよね?

 

一部の機関投資家の発言や、各国家の対応、ポジショントークで価格が変化してしまうこと自体が‥

 

すでに誰かが加担していることに繋がるのでは?

 

と、NEOは考えています。

 

結局のところ、非中央集権通貨というのも‥やはり権力が財力のある個人や団体に属していることに変わらないように感じているのです。

 

財力があり中国や北欧にマイニング工場を持つマイナー勢力や、投資ファンドが実際はすべての核になっていると言えるのではないでしょうか。

何に投資をするのか?

中央集権‥非中央集権‥結局どちらがいいのか?

 

これは‥答えはない

 

というのが、NEOの考えです。

 

行き着くところ‥結局は中央集権になってしまう‥と思うので、ここでもやはり

分散投資の考えが重要になってきます。

 

NEOは現在3つの仮想通貨に投資をしていますが、そのうちの1つが

【リップル】です。

 

中央集権を象徴するような通貨であるリップルに投資をしています。

 

その理由等はこちらです↓

これから投資すべき仮想通貨は【リップル】だと思う!
日本の各大手の仮想通貨取引所に金融庁から業務改善命令が出ました。 今ようやく規制が本格的に始まり、ふと思うのは‥ NEO 今までどれだけセキュリティーが甘い中で取引してたんだろう‥ と...

 

その他にも、現在2種類の仮想通貨に投資をしていますが、

 

現在1000を超える仮想通貨の中から何を選ぶか?

 

・この仮想通貨は儲かりそうだなぁ。
・この仮想通貨はトレンドの転換期だから価格上昇するなぁ。

 

という考えより、

この仮想通貨が将来をどのように豊かにしてくれるのか?

 

そこに重点を置いた方が良いと思います。

 

NEOはリップルの【送金システム】に将来性を感じて投資をしました。

 

自分が将来を期待できると思える技術がある仮想通貨を選び投資をする事で、

 

値動きに左右されず、楽しみながら時間を待つ事ができると思います。



コメント