スポンサーリンク

どうして海外銀行が必要なのか?国外でドル資産を確保する理由。

HSBC香港銀行

資産のほぼすべてを日本円で持っている‥ほとんどの方がそうだと思います。

 

NEOは少しずつ資産を住信SBIネット銀行のドル積立をして円からドルに資産を変えていますが、

 

これはSBI証券から米国株をお得に買うための手段であって、

 

それとは別に、

 

海外の銀行でドル資産を持っていないと意味がない

 

と思っています。

 

NEOは、HSBC香港の銀行口座を持っているので、

 

今定期的に資産を送金をしています。

 

手数料との戦いになりますが‥

 

有益な送金方法があるため、そのノウハウは投資仲間から得ています。

 

では、なぜ、ドル資産を確保しないと!と思ったのか‥

 

その理由がこちら‥

 

スポンサーリンク

どんどん価格は上がっている‥

先日、病院へお見舞いに行った際、その知人のお子さんにアイスでも買ってあげようと思い、病院の売店に行きました‥

 

その時、やっぱりと気がつく事がありました。

 

30年程前から売っているメロンボール‥

 

NEOも大好きでよく近所の酒屋で買ってもらいました。

 

その時と値段と大きさが全然‥違うようなぁ‥

 

大きさは子供の感覚ですが、値段は明らかに違いますね‥。

 

これがどのような意味をしているか‥としばらく売店で考え込んでしまいました(笑)

 

ポテトチップスにしても‥量が少なくなっている‥

 

値段という明らかに目に見える形で変わっているのであればわかりますが、

 




円だけの資産は危険です

日本円だけの収入、日本円だけの預金、日本円建ての保険や投資信託‥

 

全ての資産を円だけで保有している事は、これからの時代良くないと思います。

 

インフレ対策やリスク分散、資産形成を真剣に考えるのであれば、

 

日本円以外の収入、海外での外貨資産形成、日本国外での保険や投資信託にも目を向ける必要があります。

 

今後、そう遠くない将来で、銀行預金や外貨預金に対して「資産税」が導入される可能性もあります。

 

消費税も10%になった上に、大切にしている資産にまで資産税がかかったら‥税金貧乏になってしまいます。

 

そのためにも、日本国外でのドル資産形成を進めておく必要があります。

 

万が一のため‥もしものために、必要以上の預金をしている心配性の日本人が多いですが、

 

「万が一、万が一」と考えてもその万が一は恐らく来ません。

 

必要以上の貯蓄は死に金なってしまうので‥

 

堅実な投資商品にどんどん投資に回して投資脳と鍛え、経験を積んだ方が得策だと思います。

 

まとめ

学生時代‥お世話になった激盛り定食屋‥って減ったと思いませんか?

 

そもそも定食屋自体が減ってるような気もしますが‥

 

働き手が少なくなっている‥

 

そして、これからの日本の事を考えて、インフレ対策や税金対策などをしっかり考えておく必要があります。

 

国内に外貨預金を持っていても意味はないので、

 

海外銀行口座を作成して、どんどん資産を海外で増やしていきましょう!




コメント