スポンサーリンク

eMAXISから新シリーズ【Neo】について思う事。

投資信託・つみたてNISA

NEOも購入し、とてもお世話になっている三菱UFJ国際投信【eMAXIS】から、

 

新しいインデックスファンドが発売されました。

 

そのシリーズが 【eMAXIS Neo(イーマクシス ネオ)】

 

なんと3つのシリーズがあるようで

・遺伝子工学
・ロボティクス
・宇宙開発

というラインナップです。

 

先日、トランプ大統領が宇宙軍を作る旨を記者会見していましたが、

 

今後はこのようなハイテク傾向な銘柄がどんどん増えていくのかなぁ‥と感じました。

 

スポンサーリンク

eMAXIS Neoとは‥

【投資のインフラに“革新”をプラス!】というキャッチフレーズで販売開始された、eMAXIS Neo。

 

販売された3本のシリーズはすべて、 AIを活用して銘柄を選定するKensho社のインデックスに連動するように設定されているようです。

 

商品案内にも、AI(人工知能)が数百万ページ以上の企業の開示資料等を自動で読み込み、

 

テーマに関連するコトバの有無を基本に銘柄を自動で選び出すと記載されています。

 

このように運用すべてをAIに任せるファンドは日本初との事ですが‥

 

ロボアドバイザーのような、人工知能やアルゴリズムに運用を任せる商品がこれからどんどん登場しそうです。

 

AIが自動で銘柄選定をしてくれれば、人件費の削減になるでしょうから‥

 

もっと普及すれば信託報酬も下がっていく事を期待したいですね!

 



eMAXIS Neo シリーズの詳細

新しく販売開始された商品のラインナップである

 

『遺伝子工学』
『ロボット』
『宇宙開発』

は、どのファンドも

 

Kensho Indexに連動する商品で、

 

日本を含む世界各国の関連企業の株式等に投資を行うとなっています。

 

信託報酬は全ての商品が年率0.72%となっており、

 

アクティブファンドやロボアドバイザーまでは高くない信託報酬となっています。

 

感想とまとめ

NEOも特定口座で【eMAXIS Slim 8資産均等】を購入しており、

 

超低コストのインデックスファンドとして、とても好感がもてるシリーズですが‥

 

今回の新しいラインナップは‥正直厳しいのでは‥と感じてしまいます。

 

このようなテーマ型投資信託がこれから増えていくと思いますが‥

 

購入する予定は‥ありません。

 

理由としては‥

以前にピクテのiTrustロボや、ニッセイ、三井住友など複数のAI関連株式ファンドを保有していた事があったのですが‥

 

買付手数料が高かったり高い信託報酬があるからです。

 

それでも‥数年前の10月4日の【投資の日】キャンペーンで、

 

買付手数料が無料という事で購入した記憶があります。

 

投資家としては1番良くない事だと思いますが、

 

普通のインデックスファンドは少しつまらないなぁ‥と感じていた時期で、

 

このようなテーマ型ファンドが新鮮に思えてしまったのです。

 

それでもあまりに高い信託報酬とあまり成績が良くない事にに嫌気がさし‥

 

微利益が出ているうちに解約してしまいました。

 

その直後に2月の世界同時株安‥

 

今回を機会に‥現在の相場はどうなっているのか‥と思い、以前購入していたAI関連ファンドを見てみたら‥

 

散々な結果orレンジ相場を抜けられていない

 

状態でした。

 

テーマ型は楽しいですし、ワクワクもしますが‥

 

投資をするのであれば楽天VTIなどが確実かと思います。

 

それは、運用成績を見れば一目瞭然なのです。

 

結局行き着くところは‥オフショア投資&アメリカ投資です‥!




コメント