スポンサーリンク

投資方法は様々!NEOが使用しているのはドルコスト&バリュー平均!

投資情報

巷にはいろいろな投資手法がありますが、NEOが取り入れているのは、

 

・ドルコスト平均法
・バリュー平均法

です。

 

トルコリラの暴落や、米中貿易摩擦など‥いつでも世界経済に危機というもの存在していますが、

 

本当の大暴落が来た時に、

 

相場に居続ける体力や気力が必要です。

 

その術として、投資手法というものは存在していると考えているので、

 

機械的に淡々と投資ができるようにしていかないといけません。

 

あと思いつく‥もう一つ手法は‥

 

独断によるスポット投資‥

 

これにより‥どれだけの損失を出したことか‥(笑)

 

スキルや技術‥何より経験や感覚が研ぎ澄まされた人でないと、

 

この手法は危険すぎるので止めた方がいいですね(笑)

 

スポンサーリンク

ドルコスト平均法

有名過ぎるこの投資方法の内容を書くまでもないと思いますが、

 

ドルコスト平均法で本当に難しいのは‥

 

徹底してこれを実施できるか?

 

このメンタルの問題だと思っています。

 

よし!この銘柄に投資していこう!

 

と思った投資商品が大暴落して‥奈落の底に落ちた時‥

 

ドルコスト平均法で、コツコツと投資を継続できますか?

 

裏を返せば、それだけ自信が持てる商品を選択しないといけないという事です。

 

以前、バンガード社の投資セミナーに行った際に社員の方が言っていた事で、

 

【いかに相場に居続けるか?】

 

このことを考えようと言っていました。

 

長期に確実なリターンを得るためには、やはり積立投資が一番であり‥その中でも、

 

ドルコスト平均は一番有効な手法だと思います。

 

それに、この手法は日常生活でも活用できますよね!

 

例えば‥ガソリンスタンド給油など(笑)

どれだけ貧乏くさいんだ!と言われるかもしれませんが、

 

自宅近くにガソリンスタンドがあるので、原油価格高騰に伴い、出かけた帰りにはチマチマ給油を実施しています(笑)




バリュー平均法

こちらもとても有名な投資方法でありますが、

 

ドルコスト平均法のように毎月積み立てるのではなく、

 

1年間に4回、目標となる「バリュー経路」から実際の損益とどのくらいの差があるか

 

によって売買調整を行う手法です。

 

この投資法を知ったきっかけは、

 

ブロガーであられるヒメダカさんのブログ↓

 

【コツコツとスマートに暮らそう】を見て、ご教授いただきました。

 

バリュー平均法の導入方法を徹底解説
その際に、おすすめの本をブログに掲載されており、

 

NEOも読み込みましたがとても参考になりました。

 

その本が、岡本和久さんが著書された


この手法の特徴は売りがある事です。

 

バリュー経路よりも損失がある場合には、再投資が必要となったり、

 

利益がある場合は売却することにより、バリュー経路に資産の損益を合わせる形になります。

 

NEOの投資内訳は‥

この二つの手法をNEOは下記の内訳で運用しています。

 

ドルコスト平均法
・つみたてNISA
バリュー平均法
・投資信託(特定口座)
・ロボアドバイザー

 

ドルコスト平均法は、毎日積立で運用しているので特に何もしていません。

 

個人的におもしろいなぁ‥と思っているのはバリュー平均法で、

 

3ヶ月に一度バリュー経路を見直す時に、

 

・どれだけの損益があるのか
・いくら売買するか

 

を検討するのが楽しいです。

 

積立投資は一番セオリーな方法だと思いますし、

 

特に手間暇かけずに資産運用ができるのが理想でもありますが、

 

投資をしている!という実感には欠けるものがあります。

 

NEOの方針は家族との時間を犠牲にしてまで、

 

投資プランを考えたり、チャートを見たりする事はしない!

 

と決めているので、3ヶ月に1度くらいの楽しみでちょうど良いかと思っています。



コメント