スポンサーリンク

どうしてFXではなく、SBIネット銀行でドル積立を始めたか。

米国投資・ETF

いつもブロクを読んだくださり、ありがとうございます。

 

先日、ブログにアップした↓

新たに住信SBIネット銀行で外貨積立を始めました!

を読んでくださった読者様から、

 

どうしてFXではなく、SBIネット銀行でドル積立を始めたのですか?

 

と、数人の方から同じご質問をいただきました。

 

つまり、FXレバレッジ1倍やFX積立は検討しなかったのか?

 

という事なのですが、NEOとしては、もちろん検討しました。

 

ですが、ブログの内容から‥少し誤解を生んでしまったようで‥

 

NEOは、

円安に進行すると予測してドルを確保して利益出そう!と思っているのではなく、

 

手数料を安く、お得にドルを確保して、その資金で米国株を買うために両替をする

 

事が目的なのです。

 

今後、円安に傾くと予測し、ドルを確保したいのであれば、HSBC香港銀行のマルチカレンシーを使えば良いのです。

 

スポンサーリンク

ドル転の方法は3つ

投資をする上で相場の今後を読む事はできませんが、

 

資金管理や手数料を下げる事はできます。

 

NEOはSBI証券を使用しているので、SBIのやり方になってしまいますが、

 

ドルを確保するための方法は3つあります。

 

・外国株式購入時、そのまま円貨決済する
・SBIネット銀行でドルへ変更する
・FXで現引きしてドルを確保する




外国株をそのまま円で買う

この方法は1番簡単でシンプルです。

 

証券会社がそのまま円をドルに変えてくれ、株式を購入してくれるので何もすることがありません。

 

その代わりに高いのは手数料‥

 

SBI証券の場合‥そのまま円で外国株を買うと為替手数料で25銭かかります。

 

SBIネット銀行からドルを確保

NEOが使っているのはこの手法です。

 

今はたまたまキャンペーンをしており手数料が無料ですが、

 

通常の取引で円→ドルは4銭、積立の場合は2銭です。

 

積立は500円から可能なので、毎日500円購入しています。

 

毎月、米国株やETFを購入してるので、

 

積立金額が購入する価格より少ない場合は、

 

SBIネット銀行でそのままドル変換(4銭で)し、SBI証券へ送金して商品を購入しています。

 

SBI FXで現引きでドル確保

もっと手数料が安く済む方法は、このFXです。

 

手数料はなんと、0.5銭です。

 

その分難点なのは‥1万ドル(約100万以上)以上からでないと‥現引きできないことです。

 

仮に‥1ドルが90円代まで下がったら‥検討しようかと思います。

 

まとめ

今回、SBIネット銀行でドル確保を始めた理由は、

 

本格的に資産を海外投資に移行することに決めたからです。

 

今後のメインは、

・オフショア投資
・米国株式・ETF

で資産形成をしていきます。

 

そのためには、ドルが必要です。

 

時間を味方につけてドルコスト平均で円→ドルへ資産をシフトしていき、

 

優良な株・債券をどんどん購入していきます。

 

ドルだけを確保し、円安やインフレに備えるのであれば、

 

HSBC香港銀行のマルチカレンシーを使用すれば1発で終わるので、

 

今後、海外に銀行を持ちたいと思っている方は優良なサポート会社を付けて早めに開設した方がいいですよ。




コメント