スポンサーリンク

すべてを投資に回すのでなく、余剰金で投資をする意識付けをしよう!

ライフスタイル

日本の将来を考えると‥不安しか思い浮かばないNEOです‥

 

現在30代ですが‥次の子供達の世代はどうなってしまうんだろう‥

 

と新聞なニュースを見てると思わない日はありません。

 

不安だから‥なるべく貯蓄しよう‥

貯蓄してるだけでは‥お金は増えないから‥

投資をしよう!

という流れで投資に踏み切る方も多いかと思います。

 

消費税が10%になる事はほぼ確実で‥今後15%‥20%と増えていくでしょう‥。

 

これまでのような75歳になれば医療費が1割なんて時代はもう終わり‥

 

年金の支給とともに退職年齢もさらに延びていく事はわかりきっています‥。

 

だからといって‥将来の事を考え過ぎて今の生活を犠牲にしてまで投資をするのか?

 

それはまったく違うとNEOは思っています。

 

投資はあくまで余剰金で実施するべき

 

だと考えています。

 

その理由がこちらです。

 



スポンサーリンク

老後が健康という保証はない

以前、どこかのコラムで、

 

【日本の寿命が延びてる!世界でトップクラスで素晴らしい】

 

という記事を見ました。

 

それはあくまで表面上の数字の話でしょ?

 

というのがNEOの感想です。

 

その中で健康で、生活にもゆとりがある高齢者の方って何人いるんですか?

 

と思うのです。

 

寿命年齢と健康年齢は全くの別物

 

と考えるべきなのです。

 

それならば、健康で体の自由が効くうちに多くの経験や思い出を作った方が賢明です。

 

数年前に父親とハワイに行った時に、ココヘッドという山に登りました。

 

その時何気なく父親が言った、

 

「次来られる機会があっても‥ここにはもう登れないなぁ‥来てよかった。」

 

という言葉を聞いてハッとしました。

 

今若いうちは膝も動きますし、腰も痛くありません。

 

歳を重ねるという事をわかってるつもりではいても‥

 

その年齢になってみないとわからない人生観はあるんだと思います。

 

NEOもすでに30代です。幸い‥現在はどこも体に不具合がありませんので、

 

今しか見られない、今しか経験できない事をたくさん実施したいと思います。

 

それにはしっかりと生活防衛金を残し、

 

すべての費用から残った余剰金で積極的に投資をしていくことが1番だと思います。

 

まとめ

延命するだけでは意味がない‥

 

極論かと思いますが、NEOの考えは‥

 

意識がなく‥呼吸も人工呼吸につながれ、心臓も薬剤で無理矢理動かしている‥

 

それは生きている‥といえるのかなぁ‥と思うのです。

 

それなら家族に迷惑だから早く治療を停止してくれ!

 

と言いたいところですが‥

 

実際に残された家族って‥なかなか延命停止なんてできないんですよね‥。

 

法律上の話は抜きにしてです。

 

 

いかに健康で認知がなく、楽しい、綺麗などがわかるうちに‥

 

たくさんの思い出をつくるのかに人生の豊かさは変わってくると信じています。



コメント