スポンサーリンク

オフショア投資・HSBCファンド・米国投資に英語力が必要なのか?

オフショア投資

日本国外の投資商品を購入するのであれば‥

 

現地の語学が必須なのでは?

 

と思うところです。

 

実際にHSBC香港銀行のように、口座開設時には銀行員とやマンツーマンで会話をしながら作業を行うこともありますが‥

 

それ以外で英語力が必要な時とはどのような場合なのか?

 

それぞれを考えてみました。

 

スポンサーリンク

オフショア投資の場合

オフショア投資の場合は、必ずIFAを通して商品を購入するため、肝心なのは

 

契約するIFAに日本語が分かるスタッフがいるのか?

 

だと思います。

 

保険商品も積み立て投資商品も、 一度契約をしてしまえば、その後何かを実施することはありませんので、

 

NEOは英語力が必要と感じた事はありません。

 

それに保険商品に関しては、契約期間中に不慮の事故などがあった場合、

 

IFAに連絡すれば、死亡保険金の支払い手続きをやってもらえるので、

 

言葉の壁を感じる事はないと思います。

 



HSBC投資商品(ユニットトラスト)

1番‥英語力が必要になると感じるので、このHSBCのユニットトラストだと思います。

 

ですが、インターネットバンキングから投資商品を購入する場合は特に英語力が必要ありません。

 

なぜなら

Google Chromeを使用すれば瞬時に日本語に翻訳してくれるからです

 

それにHSBC銀行のネットバンキングはとても見やすくできているので、

 

日本の証券会社を使用した事がある人ならば全く問題なく使用できると思います。

 

では、 HSBC銀行で投資商品を運用するのに語学力が必要と感じるのはどのような時か?

 

それは、HSBC銀行の 現地窓口で投資商品を購入する場合です。

 

現地のファンドマネージャーと直接対話しながら商品を購入できるのですが、

 

その際に

得られる情報が有益すぎるのと、

ファンドを購入する際に支払う購入手数料が、交渉次第で割引してもらえる

からです

 

ネットバンキングから購入すると、規定の手数料のままになってしまいますが、

 

現地では、対応してくれる銀行員の役職によっては‥かなりお得な手数料で購入できるようです。

 

HSBC銀行のユニットトラストは、日本では考えられない利率で運用されている商品がたくさんありますが、

 

その分‥購入手数料や年間維持手数料が高いのも事実なので、

 

いかに手数料安く済ませるかが今後の資産運用に大きく作用します。

 

まとめ

メジャーな海外株や海外ETFは日本の証券会社からほぼ購入できるので、語学の壁は無いかと思います。

 

インターネットバンキングで投資をするのであれば、語学が重要と言うより、

 

為替手数料や取引手数料などの数字に慣れる事の方が重要かと思います。

 

ですが、せっかく海外投資の扉を開いたのであれば、語学が堪能な方が世界は広がると思いますし、

 

突然、HSBC香港銀行から電話もかかってくる事もあるので、語学の勉強は続けた方が賢明だと思います。




 

コメント