スポンサーリンク

投資より重要なのは‥まず保険を見直す事‥いや解約する事だと思う!

オフショア投資

最近、読者の方から

 

今後どのような資産形成をしたら良いのでしょうか?

 

 

という、ご質問を多くいただきますが‥

 

正直‥的が広すぎて回答に困ってしまうというのが本音です。

 

なぜなら資産形成をする目的や財力も人それぞれ違うため、

 

正解など無いのです。

 

ですが、その先にNEOが必ず確認させてもらっている事は

 

NEO
NEO

現在どのような保険に加入していますか?

 

 

ということです。

 

そして現在の家族構成と貯蓄を教えていただき、そこから初めて投資の話となります。

 

資産形成や投資を実施する前にまずは、

 

無駄な出費をなくすことが1番重要だと思うので、

 

その部分に徹底的にメスを入れて改善することが大切だと考えています。

 



スポンサーリンク

無駄な保険に加入してる人が多すぎる‥

NEOは以前に、会社を退職して保険屋に転職した元同僚に、

 

高額な外貨建て変動保険を勧められて、そのまま契約してしまった過去があります。

 

その当時は投資もしていなく、保険についても全く知識がなかったため、

 

何も疑いもせず‥妻と死亡保障が合計8千万円の保険に加入してしまいました。

 

保険の支払い期間も早期に終わらせた方が良いということで、

 

10年間で払い込み完了プランを契約し、月々の支払いが20万円近くの保険料を支払っていました。

 

ですが、その保険自体は決して悪い商品でもなければ、むしろ国内では利率が良い商品なのです…

 

それはあくまで‥国内での話なのです。

 

真実を知っている保険屋やFPが加入している保険とは‥

保険は一度加入してしまえば、その後は特に何かをやらないといけない‥という事はないので、

 

そのままほったらかしで、給料から勝手に天引されてるのをたまに見かけるくらいでしょうか‥。

 

そのため保険に対しては、なかなか知識が向上したり、勉強したり‥ということは、保険生業にしている人以外ほぼいないと思います。

 

以前、終身保険の相談に◯◯◯窓口に行った際に担当者に、

 

「保険の種類が多すぎてわからないから、あなたと同じ保険にしてください。だって実際に窓口の人が加入している保険こそが1番のベストじゃないですか?」

 

と言ったところ、

 

「会社のマニュアルで、私どもが契約している保険はお教えてきません‥」

 

と答えられました。

 

マニュアルも確かにあると思いますが‥

 

NEOはすべての答えがここにあると感じました。

 

保険屋やFPは‥国内の保険になんて入っていないのでは?

 

という疑問がフツフツと湧き上がってきました。

 

海外には日本で比べ物にならない利率で運用されている保険がたくさんあるのです。

 

なぜ保険屋やFPは回答できないのか?

保険屋やFPがどうして、海外の保険に加入している事をなぜ公に言えないのか?

 

それは保険業の法律があるからです。

 

国内で海外の保険商品を紹介したり営業する事は禁止されているのです。

 

考えてみると‥その答えは簡単です。

 

これからますます高齢者が増えていき、保険を必要とする人は比例して増えていきます。

 

その反面‥保険代を養っている若い世代の人口は減っている‥

 

そのため保険の運用率も解約返戻金も当然少なくなってきます。

 

海外はどうでしょうか?

 

人口も増え、税金も優遇されているオフショア地区の保険と比べれば‥当然雲泥の差が出てしまうのです。

 

その本当の事実を知ってしまった人は‥当然海外の保険に加入すると思います。

 

そうなると、国内の保険会社は軒並み赤字となり倒産してしまうため‥

 

日本国内で海外保険の紹介や営業は禁止されているのです。

 

まとめ

NEOは国内の保険は、ある一部の保険以外全て解約しました。

 

国内の保険で運用しても‥時間と資産がもったいないとわかったからです。

 

ある程度の生活防衛金がある人は今すぐに保険を解約し、

 

有効なオフショア投資やHSBC投資ファンドに資産を移した方が、資金は数倍の差になると思います。

 

万が一‥もしも‥と保険屋に言われて契約した保険の出番はおそらく来ません。

 

一歩外に目を向けるだけで世界は大きく変わりますので、確実な資産運用をしましょう!




コメント