スポンサーリンク

今後の仮想通貨がどうなるか?ビットコインが基軸である事は‥しばらく変わらないのでは?

暗号資産・仮想通貨

仮想通貨については様々なニュースが浮上しては‥無くなり‥を繰り返していますが、

 

NEOは、昨年からずっと仮想通貨投資に対する考えは全く変わっていません。

 

仮想通貨は、将来を明るくしてくれる素晴らしい商品ということに期待をして先行投資をしているので、

 

後は、時間が答えを出してくれるのをじっくりと待つのみです。

 

銘柄も3種類の仮想通貨に絞り込み、既に投資は仕込み済みなので、

 

日々のボラティリティーの高い相場も気にせずにいられます。

 

特に‥このお盆にいくつかの仮想通貨関連の本を読んだのですが‥

 

仮想通貨業界の将来に期待せずにはいられない

 

と感じました。

 

スポンサーリンク

今後の主役となる仮想通貨はどれだろう?

数ある仮想通貨ですが‥将来に基軸となる通貨は一体どれなのか?

 

中央集権‥非中央集権‥

 

NEOが思うのは‥

・中央集権 XRP(リップル)

・非中央集権 Bitcoin(ビットコイン)

だと考えています。

 

中央集権か、非中央集権かで別けるのであれば、この2つ基軸だと思います。

 

そして、1つを選ぶとしたら‥

 

ビットコインだと思います。

 

どうしてビットコインが基軸なのか?

仮想通貨やブロックチェーンの元祖として君臨するビットコインは、

 

他の仮想通貨に比べると、速度や容量などに劣るのは現実です。

 

それなのに‥どうしてビットコインが今後もしばらく基軸通貨だと思うのか?




理由1 ビットコインでないと購入できない

1つ目の理由は、現在の仮想通貨売買のシステムを見てみると、

 

一度ビットコインを購入しないと、違う仮想通貨を購入できない場合がある事です。

 

例えば、ビットバンクの場合‥

 

イーサリアムを購入したい場合はビットコインを購入してからでないとイーサリアム購入できません。

 

また現在はマネーロンダリングなどの観点から送金等の管理が厳しくなっていますが、

 

違う取引所で新たに仮想通貨を購入したいと思った場合でも、

 

やはり一度ビットコインに変換してから送金し、目的の仮想通貨を購入しないといけません。

 

常に法定通貨から、どの種類の仮想通貨も購入できれば問題ありませんが‥

 

しばらくこの取引方法は変わらないと思います。

 

理由2 マイニング環境

現在、マイニングができる環境で中心なのは‥やはりビットコインです。

 

イーサリアムもマイニングが行われていますが‥その知名度と実績は、やはりビットコインに劣ります。

 

NEOは、今後‥仮想通貨へ追加投資をする予定はありませんが、マイニングにはとても関心があります。

 

一口いくらで募集をしているような案件ではなく、しっかり信頼できる業者を見つけて、

 

個人的にマイニングする事で利益が出せるのでは?と考えています。

 

まとめ 仮想通貨で今できる投資方法とは?

現在は、仮想通貨関連の株を短期売買して利益を積み重ねています。

 

今月も決算期でボラティリティーが高い相場でしたが、深く追わずある一定の利益幅を決めておき利確したので、

 

その後の暴落には巻き込まれませんでした。

 

どんな投資も、自分のルールを作っておくことが1番だと実感できましたし、

 

まだまだ仮想通貨関連の株には魅力がいっぱいだと感じています。



コメント