スポンサーリンク

どうしてHSBC銀行の口座をダウングレードする事が有効なのか?

HSBC香港銀行

先日、読者さまからこんなご質問をいただきました。

 

質問
質問

HSBC銀行を3年前に開設しましたが…出金葉継続していますが…そのまま放置しています…。何か良い運用方法はありますか?

 

NEO
NEO

口座開設されたまま…ということは口座はアドバンスですか?

投資用口座は開設しましたか?

 

質問
質問

口座はアドバンスです。
投資用口座は開設していないと思います…

 

よく勘違いをしてしまっているのが…この投資用口座なのですが、

 

普通口座を開設しただけでは、投資用口座は開設されていません。

 

投資用口座は香港のHSBC銀行の窓口でないと開設できないので…

 

今回のご質問である、運用という目的は残念ながら実行できないにしても、

 

まずできる事としては…

 

銀行口座をダウングレードすること

だと思います。

 

口座のダウングレードは国内で実施できるので、ランニングコストの削減のためにも、

 

口座を開設して6ヶ月が経過していたら、ダウングレードすることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

確認になりますが…

HSBC銀行で口座開設をする際、

外国人はプレミア口座もしくはアドバンス口座しか開設できません。

 

プレミア口座を開設するには条件がとても高いため、まずはアドバンス口座の開設になると思いますが、

 

日本の銀行と違い、HSBC銀行では口座のレベルによって、最低預金金額が決まっているのです。

 

そして、その最低預金金額に及ばない場合は‥口座維持手数料が発生してしまい、ランニングコストがかかってしまいます。

 

手数料やランニングコストの削減は、唯一自分の対策次第で資金管理ができる方法なので、

 

無駄な費用の削減に努めたいところです。

 

詳しい維持手数料はこちらのブログへ↓

HSBC銀行の口座レベルをダウングレードし、ランニングコストを軽減しました。




必要なサービスだけ活用しよう

投資目的やオフショア保険・金融商品等の受け取り先としてHSBC銀行を口座開設された方は、

 

口座の預け資金は、普通預金、当座預金、投資用口座の資産を含めた全ての資金の合計になるので、

 

投資用口座に多くの資金を集中させている場合でも、合計預け金額として計算してもらえます。

 

ですので、NEOはHSBC銀行の各口座の中で投資用口座の資産が1番多くなっています。

 

その金額でアドバンス口座の最低預金金額をクリアできたとしても‥

 

今後どんなことが起こるかは‥わからないため口座レベルを、

 

PI口座(Personal Integrated Account:パーソナルインテグレーテッド)へ変更することにしました。

 

HSBC銀行では口座レベルによって、受けられるサービスが変わってくるのですが、

 

NEOが HSBC銀行で利用するサービスは、

・香港の投資商品の受け取り先銀行
・ユニットトラストなどの投資商品の購入

くらいなので‥

 

専用窓口での対応やコンシェルジュ対応などは特に必要ないのです。

 

そのため、1番預入金額が少なくて済む、PI口座へダウングレードを決めた次第です。

 

まとめ

よく聞くフレーズですが、

 

「利益を出すより無駄を少なくする方が簡単で即効性がある!」

ということです。

 

個人投資家にできることは、資金管理の徹底だと思うので、

 

まず、できることから1つずつ始めていきましょう。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。




コメント