スポンサーリンク

仮想通貨の現状とXRP(リップル)を購入をしている理由について。

暗号資産・仮想通貨

値上がりをして上昇トレンドに入ったと思ったら、現在は下降トレンドに入ってる仮想通貨。

 

テレビ朝日系列のEXD44という番組で、【仮想通貨で大損した芸人達】という特集を見ましたが、

 

あの与沢翼さんもインタビューで出演しており、

 

「仮想通貨はこれからだから、今こそ追加投資!」と言っていました‥

 

芸人の人達もこぞって同じことを言ってましたが‥NEOは正直少し違和感を感じました。

 

仮想通貨=投資商品‥

 

という考えが‥強すぎないか?

という事です。

 

NEOがどのような意図で仮想通貨を購入し、長期で保持しているのか?

 

それらのポイントをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

ビットコインETFに認められる必要ってあるのか?

最近の上昇トレンドや下落トレンドに入る理由で、

 

ビットコインETFの申請が米国証券取引委員会(SEC)に否決された、というニュースのたびに相場が動く仮想通貨市場‥。

 

ゴールドマンサックスやヘッジファンドが仮想通貨トレーディングデスクを設置するのを見送った‥

 

というニュースが入り‥現在下落トレンドに入ったのだと思います。

 

しかし、SECもゴールドマンサックスも‥金融機関なのです。

 

仮想通貨は‥そもそも金融商品なのでしょうか‥

 

もともと‥仮想通貨のスタートは中央集権に属さず、自由に世界をつなぐための手段だったはずです。

 

なので‥そのような金融機関に認めれることや金融商品となる必要があるのでしょうか?

 

NEOは仮想通貨の仮想(virtual)とは‥このような中央集権や金融機関とは別のもの!

 

という意味で考えでいます。

 

仮想通貨は、仮想通貨を必要としている人達の世界で送金手段や決済手段として存在していれば良いのでは?

 

思うのです。

 

先日のテレビに出演していた芸人の人達も仮想通貨トレードにとても重きをおいており、

 

仮想通貨を投資対象だと強く思っているところに‥NEOは違和感を感じています。

 

仮想通貨は、株や債券などのペーパーアセットとは違うという認識が必要だと思うのです。

 



今の仮想通貨の現状とは?

今の仮想通貨市場の現状って‥どうなのか?

 

気になって調べてみたのですが‥

 

 

時価総額
仮想通貨2000億ドル
株式80兆ドル
債券90兆ドル

 

これだけ時価総額に差があるのです。

 

この額を見たら‥まだまだペーパーアセットとはいえないのではないでしょうか‥。

 

金融資産と見るよりは‥将来の生活を快適にしてくれるツールとして考えた方が今は正しいとNEOは思っています。

 

なぜ、XRP(リップル)なのか?

NEOは、これまでのブログでも記載させてもらっていますが、

 

リップルを購入しています。

 

その理由は、【送金に特化した通貨】
だからです。

 

世界の金融市場にペーパーアセットとして認められなかったとしても、

 

このリップルがあれば、世界中の人たちと迅速に格安で送金や受け取りができるので、

 

現在の法定通貨より価値があると思えたからです。

 

ブロックチェーン技術はさまざまなことに応用もできますし、生活を豊かにしてくれる画期的なものですが、

 

生活に直結するか?しないか?

 

ここが非常に重要になってくれると思うのです。

 

まとめ

すでに仮想通貨の購入は終えており、あとは価値が認められて後々値が上昇するのを待つだけです。

 

NEO自身もまったく投資目的がない!というわけではありませんが、

 

あまりにも仮想通貨を買えば儲かる!

 

みたいな風潮が強いことに‥疑問を感じていたので、

 

金融資産と仮想通貨は違うということを少しまとめさせてもらいました。



コメント