スポンサーリンク

仮想通貨に今後、追加投資をしない理由について

暗号資産・仮想通貨

NEOの会社では、食堂の他にもコミュニティールームという休憩室があり、

 

コーヒーが無料で飲めるため、時々コーヒーブレイクに行くのですが、

 

よくその場所に居座ったいるグループが仮想通貨について大きな声で話しているので、

 

少し話を聞いていると‥

「今が絶好の買い場だなぁ!追加で購入だよ!」

「リップル1本勝負で、年内には100円まで上昇間違いないよ!」

 

など‥妄想と期待から、目をギラギラさせながら話していました。

 

同僚の話を聞いていて感じたのは、

 

仮想通貨を購入すれば、すぐに資産が増える

というイメージが強すぎることです。

 

昨年のようなバブル的な大暴騰はもう起きないでしょうし、

 

これからは、じっくり底値を固めながらもボラティリティーが高い相場が続き、

 

じわじわと価格が上昇していくのではないか?とNEOは考えているのです。

 

スポンサーリンク

出口戦略をどれだけ立てているのか?

NEOは今後、仮想通貨に追加投資することはなく、

 

すでに有益だと思える3つの仮想通貨に仕込み済みなので、

 

・どの銘柄が良いのか?
・いくら購入するか?

 

という話は関係ないのですが、

 

考えなければいけないことは‥

 

出口戦略です。

 

どのような投資でも共通することですが、同僚の話を聞いていて‥NEO自身でも感じた事は、

 

今のことや少し先の将来のことは考えていても、本当に出口のことまで考えられているのか?

 

ということです。

 

NEOがその同僚たちに、

「いくらになったら利益確定する予定なの?」

 

と、聞いたところで‥おそらく回答はできないと思います。




NEOの出口戦略とは‥

ですが…その質問を自問自答したところ…

 

はっきりと答えられない自分がいたのです。

 

このことにすごく危機感を感じたのですが‥

 

なぜ答えられないのか?

 

その1番の大きな理由が

税金です。

 

 

現在の仮想通貨は‥利益確定の50%を税金として納めないといけません。

 

よくよく考えてみてください‥50%ですよ!半分は税金で持っていかれるんです‥

 

この現実をどれだけ考えて追加投資と言っているのか‥が重要です。

 

この暴落時期をなんとか乗り越えたとしても‥待っているのは‥ものすごく高い税金なのです。

 

半分が税金でなくなるであれば‥正直、利益確定は税法が改定された後にしたい‥というのが本音です。

 

まとめ

NEOは‥上記のことを踏まえて、今後は仮想通貨に追加投資はしません。

 

今後どうしても仮想通貨に投資をするのであれば‥個人でのマイニングでしょうか‥

 

決して、1口いくらの私募投資案件などではなく、あくまで個人か、信用できる仲間達とマイニングを検討するくらいです。

 

すでにNEOが投資しているXRPは次のレンジに入っていますし、

 

仕込みの時期はもう過ぎていると思うので、

 

これからは新しい仮想通貨情報もとに、違う方法で資産を増やしたいと思います




コメント