スポンサーリンク

株式と債券のバランスにつこいて考えてみました

投資情報

今日は久しぶりに出張で地方に来ています。

 

毎年、この時期になると訪れる場所なので、去年の今頃は…こんなことをしていたなぁ…など、自分を振り返る良い機会になります。

 

2017年は何に投資をしても上昇トレンドで大きな収益を上げることができた1年だったと思います。

 

ですが…2018年は、2月の世界同時株安から始まり…米中貿易摩擦、欧州政局不安、米国金利の上昇など、難しい相場が続いています。

 

今後…どのような投資手法をしていくのか?

 

NEOの基本的な考えは

どんな時も相場に居続けること

 

なので、そのためにはしっかりとした資金計画や銘柄選定が重要かと思っています。

 

スポンサーリンク

株式?債券?どちらにしますか?

これまでの歴史を振り返ると…債券より株式の方がリターンを生み出していることは証明されています。

 

NEOは、今後も変わらず株式をメインにした投資をすることは変わらないのですが、

 

ポートフォリオの底値支えとして債券の力は必要だと感じています。

 



債券の割合は…?

NEOが購入している債券はこちらなのですが、

お祝いなどでもらった大切なお金は‥BNDによる運用を提案します

 

バンガード社の【BND】です。直近の配当利回り2.7%です。

 

NEOは、国内商品配当利回りを4%と設定しているので、

 

BNDの割合を多くしてしまうとトータルの配当が下がってしまいます。

 

ですので、この安定資産のBNDと高配当銘柄をいかに効率よく組み合わせることが、とても重要になります。

 

現在のポートフォリオ

現在の配当銘柄は、

・PFF 5.3%
・HDV 3.5%
・BND 2.7%
・タカラレーベンインフラファンド 6.4%
単純計算で
配当利回りは、4.4%です。

 

これは国内で投資ができるファンドで作ったポートフォリオになりますので、

 

NEOが納入しているHSBC銀行ユニットトラストの配当をプラスすると…さらに配当金額は上がります。

 

投資金額を調整しながら、この配当バランスを最低限維持できるように今後、資金管理をしたいと思います。

 

まとめ 暴落はチャンスなのか?

米国金利が上昇したことにより、一度下げたNYダウが戻りつつある中…本日も下落しました。

 

NEOは、暴落の内容をしっかり精査する必要があるかと思います。

 

今回も、2月の世界同時株安も…何かハッキリとした原因はありませんでした。

 

戦争、リーマンブラザーズの破綻など目に見えて何かの原因があるものを除き…

 

大きな暴落は調整だと考えています。

 

このような時、インカムゲイン銘柄に長期で投資ができるメンタルがある人なら、チャンスだと思います。




 

コメント