スポンサーリンク

HSBC香港銀行を開設して4ヶ月。使い勝手や運用方法について

HSBC香港銀行

1月に香港へ渡航し、HSBC香港銀行普通口座投資用口座を開設して、4ヶ月が経過しました。

 

NEO
NEO

「I have a pen ・・・」

レベルの英語力の私が数ヶ月に渡りリスニングと単語を勉強し、

 

香港の銀行員と窓口で英語のやり取りをして開設した大切な銀行口座の使い勝手や苦慮した事、帰国後の手続きや口座維持管理について、現在感じることを記載させてもらいます。

 

スポンサーリンク

帰国後もネットバンキングの初期設定やセキュリティデバイスの設定がある

帰国した翌日から国外で出金をするために、アクティベートという作業をしなければいけません。

 

これは日本へ帰国後もインターネットバンキングで登録ができるので、特に問題はないのですが、
日本の銀行と違い、ホームページも当然すべて英語か中国語なのです。

 

ログインIDやパスワードを3回間違えてしまうと‥ロックがかかってしまい、そうなると‥
渡航しないと解除できません。

 

そのため慣れていない時は毎回ログイン時に緊張しながら操作しています。

 

その他にも、HSBCから郵送でセキュリティーデバイスが送られて来て、この設定などを行いようやくネットバンキングも出金も可能となるわけです。

 

郵送やメールが届いても、すべて英語と中国語なので‥内容確認に時間を要する

これは私個人の語学力のレベルなのですが‥HSBC香港銀行からは、英語と中国語の2種類の手紙やメールが届きます。

それを瞬時に翻訳できるほど‥語学力は高くないので、一回一回翻訳サイトを開いて内容を確認しています。

 

これはこれで大変勉強になるので苦にはなりませんが、内容がわかるまではヤキモキした気持ちになります。

海外銀行や海外投資をしている限り語学の壁は付き物なので・・

 

そこは割り切って勉強する良い機会だと思い、毎回翻訳しています。

 



語学力の問題は解決できる!

上記まではネガティブな事を少し記載しましたが、これからポジティブな事を。

 

これらの語学の問題はあるアプリを使えば一発で解決できます。

 

それは、Google Chromeです

 

このサイトを経由してメールやネットバンキングを開けば、すべて日本語に翻訳してくれるので、
特に自分で翻訳サイトで単語を調べる事なく、内容を確認することができます。

 

ですが‥海外銀行を開設したからには‥語学力の向上も必要と思っているため、わからない単語や文法は自分で調べて内容を理解するように心がけています。

 

投資用口座のファンド達が素晴らしい!

私は、投資塾の方達の情報や内容を自分なりに精査してみて、
HSBC香港銀行のあるファンドを購入し、資産運用をしています。

 

この投資商品がとても素晴らしい利率で運用してくれています。

この数ヶ月の不安定な市場の中‥これだけの数字が出せるのは‥オフショア投資だからこそだと感じています。

 

もう少しHSBC銀行のネットバンキングや投資用口座の操作などにも慣れてきたら、日本にある資金の一部をもっとこちらに移行しようと考えています。

 

【まとめ】

ざっと、この数ヶ月に感じた事を書かせてもらいましたが、

 

NEO
NEO

口座の維持管理‥大変ではないけど‥不安になる時はある‥

というのが本音です。

 

大切な資金を海外の銀行に預け、日本語が通じない、ロックされたら渡航しないといけない‥
など、操作や対応が慎重になってしまうことはありますが‥慣れてくれば改善してくれるだろうと思っています。

 

それより素晴らしい投資商品が揃っており、併せてマルチカレンシー口座のため預けておくだけで、紙幣の分散投資ができる環境なので多少の苦労はたいした事ないと思います。

 

年々厳しくなっているHSBC銀行の口座開設‥0泊1日のスケジュールでも渡航して開設できた私のように誰でも挑戦できますので、一歩進んでみてはいかがでしょうか?

 



コメント