スポンサーリンク

ロボアドバイザー【THEO】…この暴落を経て思うこと。

ロボアドバイザー

アメリカの中間選挙が終わりました。

 

ここ最近のアメリカの動向…

・米中貿易摩擦
・トルコでのアメリカ人牧師解放
・米朝関係悪化からの改善
・FRBとのやり取り、金利の上昇

などなど…

 

思い返せばアメリカ中心…いや、トランプ大統領中心に世界でたくさんのポジティブ&ネガティブな出来事がありました。

 

トランプ政権が実際のところ、アメリカでどのような評価がなされているのか?

 

ひとつの答えが出たのだと思います。

 

どのような結果であれ、これから少しの期間ボラティリティーの高い相場になると思われますが…

 

しっかりと機械的に投資を続ける必要があると思います。

 

スポンサーリンク

どんな時も結果は…

個人投資家は、相場に対して何かアクションをしたところで何も変えることはでぎす、

 

【しっかりと定期的な買付けをしていくこと】

 

これのみしかできることはないと思います。

 

ですが…経済状況や政治局面などから市場価格の動きを判断して、

 

AIが自動売買してポートフォリオを作成してくれるシステムがあります。

 

それがロボアドバイザーです。

 

この1か月の暴落相場で、ロボアドバイザーがどのように動いてリバランスしたのか?

 

下落局面に強いといわれるロボアドバイザー…

 

結果をまとめてみたいと思います。

 

THEO運用実績は…

さっそく結果から…

現在の運用実績は 大きな含み損です。

株式市場が暴落しているわけですから、これは致し方ないです。

 

現在、回復傾向にある市場ですが…どこまで回復するのか?

 

もともと投資金額が少ないため、損失もそこまで多くはありませんが、

 

昨年のイケイケ相場に比べると、投資信託もETFも今年2月からかなり苦戦しています。

 



現在の投資手法

ちなみに現在の投資手法は、

・毎月のバリュー平均法
・バリュー経路を毎月1万円に設定し追加投資

をしています。

 

バリュー投資方についてはこちらへ↓

投資方法は様々!NEOが使用しているのはドルコスト&バリュー平均!

 

最近の相場では、損失の月が多いため、追加投資をしていることが多い気がしますが、

 

下落相場時にどれだけ積立てができているか?

 

今後の伸び代はここが重要なので、特に気にせずに無理のない金額で投資を続けています。

 

これからもロボアドを続けるか?

NEOはこれまで、

・ウェルスナビ
・THEO

の2本立てで資産運用してきました。

 

7月にはウェルスナビを解約して、違う資産運用に変更していますが、

 

決してウェルスナビがよくなった…という意味ではありません。

 

ブログ↓

ウェルスナビを解約し、その資金で新たな運用を開始します!

 

ウェルスナビは、大型ETFを組み合わせてポートフォリオを作成するため、

 

NEOがもともと所有していた銘柄と同じになってしまい…

 

年間手数料を支払うのはもったないと思えたので解約したまでです。

 

それに対して、THEOは多くのETFに分散させ、

 

バリュー株をメインにしたポートフォリオ作成している印象があります。

 

 

【株式、債券、実物資産】の3つを、その人に合わせた内容でポートフォリオを作成するので、

 

THEOの方が面白みがありますが、ウェルスナビの方が初めやすいという印象があります。

 

まとめ 暴落を得て思ったこと

ロボアドバイザーは暴落に強い…といった話がありました…

 

結局のところ、この相場では何もせず…何も動きがありませんでした…

 

それは、

・何もしないで良い!下落相場ではない!!とAIが判断したのか?

・追加資金が足りないから銘柄調整ができなかったのか?

謎なところです。

 

 

下落局面ではロボアドバイザーが強い!

という考えは…一先ず違うとNEOは思っています。

 

ロボアドバイザーが教えてくれるのは、

 

「あなたの年齢や年収からすると…このETFが良いですよー!」ということなんだと思います。

 

そして結局のところ、その銘柄に積み立て投資をするところに行き着くのだと思います。

 

ロボアドバイザーは自分でしっかりとETFの管理が行える人であれば…必要ないかもしれませんね。

 

銘柄選定のための年間管理費1%と割り切れれば良いかもしれません。




コメント