スポンサーリンク

給料サポート保険より米国債券ETF【BND】を運用した方が有効だと思う

米国投資・ETF

給料サポート保険、 生活収入保険などの名目でよく見かける保険CMがあると思います。

 

タレントの渡辺直美さんなどが出演されている保険 のCMで、入院している旦那さんの所へ駆け寄り…

 

「仕事ができなくなったらどうしようかと思った…でも給料サポート保険があるから安心!」

 

といった内容のものですが、NEOの会社でも給料サポート保険に加入している人はとても多いのが現実です。

 

今のご時世は、夫婦共働きが多くなってるのが現状だと思いますが、何かあった時に家庭の収入柱となっているのは今も変わらず主人だと思います。

 

ですので、万が一のためにこの保険に加入しておく!というのは普通の流れだと思います。

 

多くの人は病気やケガのことよりも…働けない身体になり収入の確保ができないことが一番の心配だと思います。

 

そしてもっとも厳しいパターンは…中途半端に生きてしまった時なのです。

 

厳しめの言葉かもしれませんが…仕事もできない…医療費は膨大にかかる…となるより、

 

亡くなって死亡保険をもらった方が、残された家族は助かるとNEO自身は思っています。

 

今回考えることは…そのような時に給料サポート保険しか対策できる術はないのか?ということです。

 

NEOが考えているもっと有意義な給料サポート保険の方法をまとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

保険のセールスパターンは決まっている

NEOの会社では、未だに昼休みになると保険屋のセールスが来ます。

 

その時は席を外して逃げるのですが、どうしても仕事の関係で自席にいないといけない時もあるので、様子を見ていると…

 

NEOが入社した10年以上前とセールスの方法が変わっていないのにはびっくりします。

 

入社したばかりの若い社員には、医療保険・終身保険・積立年金をおすすめして、

 

結婚したり子供が産まれたばかり人達には、がん保険・給料サポート保険を勧めるのです。

 

セールスの内容も、「もしもの時に…」、「◯◯課長も契約している」などの御託ばかりで、

 

・この保険がどのように運用されているのか?

・どのようなリスクがあるのか?

 

をしっかり説明しているのを聞いたことがありません。

 

今回の給料サポート保険も掛け捨てタイプが基本なので、契約直後に何かあった場合は長期で保険金がもらえますが、

 

無事に契約期間満了を迎えれば…そのまま支払った多くの金額は何もなくなってしまうのです。

 

そのなくなってしまう金額に対して…どのように思うのか?が肝心なのです。

 

保険という安心を買っていたのだからそれでよかった

と思うのか?

そのお金で他に何かできる術はなかったのか?

と思うのか?の違いなのです。

 



掛け捨てはなく、資産運用すれば?

NEOが実施しているのは、

バンガード社の米国トータル債券市場ETF【BND】を運用して給料サポート代わりにする方法です。

 

BNDについてはこちらのブログに詳細を記載してあります↓
お祝いなどでもらった大切なお金は‥BNDによる運用を提案します

 

BNDは毎月安定的に配当がもらえる債券ETFなのですが、

 

リーマンショック時も下落から短期で回復し、価格幅も過去10年間安定した超優良債券なのです。

 

このETFに継続して投資を続けていれば、保険商品のように満期時に手元にお金が何も残らないということはありません。

 

毎月5万円ほどの保険金を支払っているのであれば、

 

BNDに積立投資をして、毎月の配当を複利で運用したら、15年20年後に雲泥の差がつくのではないでしょうか。

 

BNDに積立投資をしている最中に、もしものことがあっても、BNDを売りさえしなければ毎月配当は入れ続けますし、

 

資金がどうしても必要であれば、BNDを売ってしまえばいいのです。

 

重要なのは、

・BNDが大暴落して基準価格が下がり…損失が出てしまう可能性に目を向けるのか?

・健康で過ごせて満期を迎え、掛け捨て部分の保険料は損失でも良い!

という、どちらのリスクに目を向けるのか?の違いだけなのです。

 

BNDに関しては過去にリーマンショックを乗り越えた実績配当を複利で運用する効果を考えると…

 

NEOはBNDをどんどん積立して、給料サポート変わりにした方が懸命だと思います。




コメント