スポンサーリンク

IFAの運用成績で左右される投資商品について思うこと。

オフショア投資

先日読者さまから、このような質問をいただきました。

 

NEOさんのオフショア投資の運用益はどうですか?私のIFAは運用益がマイナスで…IFAを移管するか…検討しています…。

 

なるほどですね…。

 

オフショア投資は基本的に長期投資を方針とした投資商品なので、

 

1年、2年の運用益で判断するべきではないと思いますし、そんなことはこの読者様も十分にお分かりでした。

 

それでもお問い合わせくださる訳ですから…余程の辛い心境なのかと…感じています。

 

いざ自分が毎年マイナス運用…という立場になった時も…本当にそのまま投資を継続できるのか…

 

リーマンショック時も変わらず投資を続けてきた人が今多大な利益を出せている現実や、

 

仮想通貨暴落をしている現在も変わらず投資を継続できている人ってどれだけいるのでしょうか…

 

実は投資で1番難しいことは…投資を継続することなのでは?と最近感じています。

 

このオフショア投資に関して、弱小メンタルの持ち主NEOが実践している投資方法をまとめてみます。

 

スポンサーリンク

極力…運用成績に左右されたくない…

投資信託やファンドの運用益を出すための決め手は…やはり、

 

どのようなファンドを組み合わせてポートフォリオを作成するのか?だと思います。

 

プレミアトラストのように契約者自身で好きなファンドを選び、ポートフォリオを作成することができる商品もありますが、

 

IFAという資産運用に関してプロである投資顧問会社にポートフォリオを作成して管理をしてもらう商品もあります。

 

どの道、すべてのオフショア投資商品はIFAを通して購入することになりますが、

 

選択としては

・自分で運用する商品なのか?
・IFAに運用依頼をする商品なのか?
・どちらでもない運用方法を選択するのか?

 

を選ぶ必要があります。

 

この中で、NEOが選択したのは、

どちらでもない運用方法を選択したのですが、

 

その理由をまとめます。




どちらでもない運用とは?

大きな利益を追求するのであれば、ポートフォリオの作成を投資顧問会社であるIFAに運用を任せた方が良いかと思います。

 

香港には日本人を受け入れてくれるIFAが数十社ありますので、

 

そのIFAのこれまでの運用実績を見て、パフォーマンスが良いIFAを選べば1番効率的だ思います。

 

ですが、弱小メンタルのNEOは

 

IFAの運用で結果が左右される投資商品は購入していません。

 

理由は簡単で、IFAの運用でヤキモキしなくない…ということだけです。

 

NEOにとってIFAは、

香港の投資商品を買うために必要な窓口という存在だけであり、資産運用までお願いしようとは思っていません。

 

現在、NEOはオフショア投資で3社の投資商品を購入していますが、すべて違う会社です。

 

そして、どの投資商品も販売元の運用で決まる安定した投資商品のみを購入しているので、

 

IFAから送られてくる運用報告も特に気にすることなく、時間に身を委ねる投資ができています。

 

まとめ

資産運用をしている以上…利回りやリターンはもっとも重要なことです。

 

ですが、最近NEOはリターンよりも…

 

時間を有効に使える投資方法や気楽に投資を継続できる方法が…

 

自分の性格にも人生プランにも合っているのかもしれないと感じています。

 

IFAの中には高いリターンで運用できていることのみを強調して、

 

その投資商品のリスクなどの説明がなかったりするIFAもあるようなので…注意も必要です。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。




コメント