スポンサーリンク

オフショア投資をする際に、日本の紹介者やエージェントは必要か?

オフショア投資

読者さまから、こんなご質問が来ました。

オフショア投資をしたいのですが…直接IFAと契約することはできますか?
日本の紹介者から案内された商品をネットで調べたら…あまり良いことが書かれていませんでしたので…心配です。

 

常々思うことは…

日本の紹介者で信用できる人は一握りということです。

 

多くの方はインターネットの情報や投資セミナーなどから、

 

オフショア投資を知るきっかけを得ていると思うのですが、

 

流れとして…そのままその紹介者からオフショア投資を契約する人が多いかと思います。

 

実際のところ、香港の投資商品と契約するのであれば、

 

必ずIFAを通して契約しないといけないのですが、

 

直接IFAと契約することも可能なのです。

 

そのことを知らずに、日本にいる紹介者の話だけを信じてしまい、

 

契約者向けの商品ではなく、紹介者の成功報酬のみを考えた不利益な商品と契約してしまう人が後を経たないのが…

 

オフショア投資の実情でもあると思います。

 

スポンサーリンク

オフショア投資の紹介者…いた方が良いのか?

どちらが良いのか?…答えは難しいと思います。

 

NEOの結論は…

レスポンスが良く信頼できる紹介者なら…国内にいてくれた方が安心……

 

という…そんなの当たり前だ!と思われる回答になってしまいますが、

 

実際にそのような人に巡り会えることは…すごく難しいのです。

 

直接契約のメリット

IFAと直接契約する場合のメリットは、

シンプルに契約ができるということです。

 

日本の紹介者を通して契約すると、

契約者→紹介者→IFA→香港金融機関

となるので、この間に関係者が1人増えることになります。

 

どのような商品でも、仲介が少ない方が手数料は安くなるのが世の常ですが…

 

オフショア投資に関してはIFAが紹介者に成功報酬を支払うので、

 

仲介手数料等は気にしなくても大丈夫だと思います。

 

長期に渡り契約をするオフショア投資商品との間に、

 

余計な人を挟みたくない!という人は直接IFAと契約することが望ましいかと考えています。




日本に紹介者がいる場合のメリット

IFAと契約者との間に、エージェントやビジネスパートナーがいる場合のメリットは…何と言っても、

 

安心が増えることだと思います。

 

香港という近場の海外とはいえ、時差や環境の違いもあることから、

 

今すぐ知りたい情報や対応に悩む事柄があった時に、パッと連絡できる紹介者が日本にいた方が投資としては安心です。

 

また、契約後も住所変更やクレジットカードの変更があった際も手続きの依頼ができます。

 

それには…契約後もしっかりとレスポンス良く対応してくれる紹介者でないといけませんが…

 

日本と香港の両国に安心できるIFAや紹介者がいることは、メンタル的にも大きいところです

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。




コメント