スポンサーリンク

12月の運用実績。暴落に次ぐ暴落…こんな時こそ学べることがあると実感しました。

運用実績月別運用実績

12月の運用実績と、取引を振り返ってみます。

 

今月の動きとしては、


・日本株に追加投資
・HSBCユニットトラスト追加投資
・オフショア積立追加投資
・つみたてNISA追加投資
・海外ETF追加投資
・THEOに追加投資

 

と、11月とまったく同じ内容になっています。

 

やっていくことは、

ドルコスト平均法でコツコツと資産を増やしていくのみ!ということです。

 

今後、NEOの中心となる投資先である、
・HSBC銀行ユニットトラスト

・米国株

 

は、基準価格や株価も下がっていることから追加投資のチャンス!と思っていますが、

 

こんな時こそ逆に落ち着いて、決められた日にち、決めやれた金額を購入することの方が大切だと感じました。

 

スポンサーリンク

12月の相場から学んだ事

今月もジェットコースターのような相場でしたね…

短期的な売買をするのであれば…やはり売り(ショート)を覚えないといけないと感じました。

 

世界を牽引してきたハイテク株達の暴落は、ヘッジファンドの利益確定のため…

 

米中貿易摩擦からの不安売りのため…

 

などなどいろいろな憶測や噂はありますが、

 

上がっているものはいつか利益確定しなければいけないので、その反動で下がるのは必然だと感じました。

 

そして、その逆もまた同じこと言えて…今回の暴落の反動からの上昇も視野にいれておくべきでした。

 

来年からの取引では、

先物やIPOなどの違う取引も実施していきたいと思います。




【 日本株 】

今月も日本株トレードにより利益確定なしです。

 

そしてほとんどの株が下落しています。

 

ですので、移動平均線から乖離が大きいうちに1口追加投資をしてナンピンをしました。

 

基本的に選んだ銘柄は、どこまでも追っていく方針なのですが…

 

先日読んだcisさんの著書を読んだ感じたことは損切りの大切さです。

 

来年は、この【損切り】、【売り(ショート)】をもっと勉強し、投資の引き出しを増やしたいと思います。

 

NEOが配当&優待目的で購入しているANAは一度含み損になりましたが現在は含み益に回復しています。

 

インフラファンドの「タカラレーベンインフラファンド」もどんどん下落しています。

 

太陽光発電などの再生可能エネルギー銘柄に関しては…厳しい期間が続きそうですが、

 

この10万円の値で一度追加投資をするか…検討します。

 

【つみたてNISA】

今年のつみたてNISAも無事40万円の積立をすべて使い終わりました。

 

SBI証券で実施していたつみたてNISAは、

 

毎日購入で設定していたため、今年のようなボラティリティーが高い相場では良い効果を発揮してくれました。

 

ですが、それ以上の下落幅だったためすべてが含み損です。

 

今年実施していたその割合と詳細は↓

・SBI 全世界株式インデックス・ファンド 30%
・楽天 全米株式 ファンド VTI 40%
・レオス・ひふみプラス 30%

 

来年からは、SBI証券から楽天証券へつみたてNISAの変更します。

 

そして、楽天VTIの一本でつみたてNISAを実施していきたいと思います。




【ロボアドバイザー】

ロボアドバイザーで運用しているTHEOは、過去最低の含み損です。

 

下記ブログでも記載しましたが、

ロバアドバイザー【THEO】を1年半運用してわかったこと。

 

ETFについては、以前より知識や為替手数料の対策もできるようになったので、

 

わざわざ高い手数料を支払ってまで、ロボアドバイザーに追加投資の銘柄を選んでもらう必要はないと感じています。

 

てすが、損切りする必要も感じていないので…このままバリュー平均法で動向を見守りたいと思います。

 

【仮想通貨(暗号資産)】

今月は追加投資も何もせず静観していました。

 

NEOが購入している、

3つの仮想通貨も更に値を下げています。

 

そして…この時期になると、昨年の今ごろの加熱ぶりを思い出します…。

 

来年の今ごろ…3年後…5年後…ということはあまり考えず、

 

仮想通貨やブロックチェーンはなくならないので、このままホールドし動向は見守りたいと思います。




【海外投資(オフショア投資)海外保険・海外積立投資】

こちらの商品は、中長期で保有しているだけで資産が倍近く増える商品なので何もしません。

 

・S会社

・F会社

・I会社

 

この3つの商品が根本にあるため、その月にどんな暴落があろうとも安心して投資ができています。

 

 

HSBC香港銀行の投資ファンド

NEOが購入しているユニットトラスト(投資信託)は、今月もなんとか7%近い分配金を出してくれました。

 

ただ大きく基準価格は下がっています…。この商品はブログでも記載したとおり、

 

HSBC投資ファンドとETF を購入した場合どちらが利率が良いのか

 

短期で売買を繰り返す商品ではないので、一度購入したらそのままずっと共にするファンドだと思っています。

海外ETF

今月も高配当銘柄に追加投資を実施しました。

 

追加投資をした銘柄は、

・HDV【コア米国高配当株ETF】
・BND【米国トータル債券市場ETF】

です。

 

今月も為替も大きく動きました。

 

為替の動向を読むことはかなり難しいと思うので、

 

このような時はしっかりと外貨を積み立てをコツコツ実施したいと思います。

 

【まとめ】

今年は仮想通貨の大暴落から始まり…世界経済の暴落で終わった年のように感じます。

 

近年のイケイケ!相場は終わり、どんな市場でも生き残れる知識や術を知っている人のみが利益を出せる…それが投資だと感じました。

 

そして、大変厳しいながら勉強になる1年でもありました。

 

来年は新たにIPOやプットオプションも学べれば…と考えていますが、

 

個人投資家の私にできる時は、どんなときもキッチリ投資に資金を回し、確実な資金管理をすることです。

 

本年もありがとうございました。




コメント