スポンサーリンク

【ザイオンス効果】は株取引にも活用できると思う!集中投資は重要。

投資情報

以前購入して一度しか読んでいない本が、ふと目に留まり自宅の本棚から数年ぶりに取り出し読んでみました。

 

意識をしていない時に感じることって、意外と的中することが多い…

 

こんなことってないでしょうか?

 

NEOは久しぶりに読んだ本から学ぶことが多く、目から鱗で…今読んでおくべき内容がたくさん書いてありました。

 

スポンサーリンク

ザイオンス効果とは?

NEOは心理学についてまったくの無知なので…初めて知った言葉で、

 

【ザイオンス効果】というものがあります。

 

これは同じ環境や物や人などに接触する回数が多くなればなるほど、その対象に対して好感を持ったり、感覚が研ぎ澄まされていくというものです。




他のことにも流用できる!

例えばバッティングセンターに行って…140㎞の打席に立ったとします。

 

最初はスピードが速く、まったくバッドが当たらなくても…何回もチャレンジしていくとバッドに球が当たるようになるものです。

 

そのポイントは何度も何度も繰り返し実践するということです。

 

株取引にも有益ではないか?

人間関係も同じで繰り返し会っていく過程で、徐々に仲の良い友達となり…そして親友になっていきます。

 

このザイオンス効果は株取引にも当てはまるのではないでしょうか?

 

株取引も株価やチャートをさらっと流してみるのでなく、自分の好きな会社や興味のある銘柄を注視することにより、より深くその企業を理解することができると思うのです。

 

よくよく考えてみると…NEOがお世話になっている投資家の方達もあまり幅広い銘柄というより、

 

同じ投資商品、同じジャンル、同じ銘柄に集中しているように感じます。

 

米国投資であれば、米国株全体…というよりバリュー株(高配当株銘柄)に詳しく、

 

仮想通貨であれば、仮想通貨全体…というよりXRP!というような感じです。

 

情報も同じで、あまり幅広く集める…より、ロイターやBloombergをさらっと読み、あとはメンターと思える人からの情報のみを取り入れた方が確実だと思います。

 

まとめ

よく自転車で例えられますが、初めは補助付きの自転車(今はストライダー?)から練習して、感覚がわかれば補助なしでも普通に乗ることができるようになるわけです。

 

そしてその感覚は一生ものになり、久しぶりに自転車に乗っても普通に運転することができます。

 

株取引でそのような神がかりな感覚を身に付けるには、何度も繰り返しチャートを見てみたり、銘柄の情報を追い求めることである程度の予測はできるようになるのかも知れません。

 

NEOは勉強こそは怠けずにやっていますが…これはセンスもあると思います。

 

なかなか結果が出ません(笑)センスもないかと自負しています。

 

ですので、高配当株に継続投資を続けています。

 

いつかチャートやファンドメンタルがわかり、短期投資で得た資金を高配当株に回せる仕組み作りができるように勉強していきます。





本日も読んでくださり、ありがとうございます。

コメント