スポンサーリンク

HSBCファンドの基準価格が暴落しても…何も心配していません

HSBC香港銀行

年末から年明けにかけてHSBCユニットトラストの基準価格が暴落していました。

 

現在はだいぶ回復していますが…この情報も読者様からいただきました。

 

NEOは…正直なところHSBC銀行ユニットトラストの基準価格をあまり気にはしていなく…

 

日々投資をしていれば、だいたいの価格は想像できますし、アメリカのNYダウやS&P500が下がっているのに香港の金融商品だけ価格が上昇しているなんてありえないので…細かくはチェックしていません。

 

その理由は、このブログでもよく記載していますが、HSBCユニットトラストは購入したらそのまま銘柄を持ち続けることに意味があるためです。

 

短期で売買を繰り返すものではなく、タックスヘイブンの恩恵を受けながら、分配金により外国銀行に資産を増やすことが目的なのです。

 

スポンサーリンク

基準価格に左右されない

基準価格があるもの…といえば、投資信託やETFがあります。

 

HSBCユニットトラストも香港で購入できる投資信託だとNEOは考えています。

 

投資信託やFTFを購入する際、ブルベアやアクティブファンドを除けば…基本は長期で保有し、時間軸の力でドルコスト平均するのがセオリーかと思います。

 

ですので、読者様から

HSBC銀行のユニットトラストの基準価格が大暴落していて不安です…切り替えや売却した方が良いでしょうか?

 

というご質問も来ても…購入しているファンドにもよりますが…

 

基準価格は気にしていなく…それより重要だと思える部分を常に気にかけているので…そのことについては返信させてもらっています。

 

ファンドの管理

基準価格より重要だと思うのは、ファンドの管理です。

 

海外投資は、オフショア金融商品も同じく…いかに管理し、いかに継続できるか?が難しいと思います。

 




ファンドの購入停止

これは実際に起きてしまっていることです。何らかの理由でユニットトラストの購入ができなくってしまう場合があります。

 

大きな理由とした考えられるのは、

・ファンドの売れ過ぎ
・ファンドの売れなさ過ぎ
・ファンド運用会社の都合

この3つが大きな理由だと思います。

 

この場合、ファンドが買えないだけで運用は継続されているので特に大きな問題はありませんが、

 

理由はしっかりと把握しておいた方が良いと思います。

 

ファンドの運用停止・廃止

この場合もHSBC銀行から通知が送られて来ますので、しっかりと確認することができます。

 

もちろん通知書は英語と中国語なので翻訳し、正確な内容を把握する必要があります。

 

現在は写真を撮るだけで翻訳できるアプリや、GoogleChromeを使用すればその場で日本語に翻訳してくれますので、内容はすぐにわかると思います。

 

NEOはまだ購入ファンドが廃止になった経験がないので…詳細はわかりませんが…

 

この場合、同じ運用会社の違うファンドへ切り替えができるようです。また、その際に手数料等の優遇もあるみたいです。

 

英語や中国がわからないので諦めよう…と考えるのは時期尚早だと思います。

 

さまざなツールもありますし、サポート会社もあります。

 

何より海外投資のするのであれば、英語の勉強をする絶好の機会と考えて行動することができます。

 

なにか目的や目標があった方が行動はし易いですから、挑戦することをおすすめします。

 

まとめ

契約時や購入時は…強い意思があっても途中で止めてしまう人が多いと思います。

国内だけに資産を持つのではなく、海外にも資産を確保していく時代が始まっています。

 

その有益な方法は、HSBC銀行ユニットトラストだとNEOは確信しています。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。



コメント