スポンサーリンク

オフショア投資・インベスターズトラスト‥プレミアトラスト‥何が違うのか?

オフショア投資

数多の投資商品がある中で‥本当に利率が素晴らしく、安定して資産運用ができる商品ってあるのだろうか‥

 

その商品を本当に追い求めるのであれば‥目線を海外へ‥そしてオフショア地域に向ける必要があると思います。

 

NEO
NEO

日本から1番近いオフショア地域は香港です。

オフショアの投資商品を購入するのであれば、香港へ渡航する必要がありますが、

 

 

・なかなか仕事の休みが取れない‥
・飛行機は怖くて乗れない‥

 

など、香港へ渡航する事が出来ない人もいるかと思います。

 

そのような人達でもオフショア地域(タックスヘイブン)の投資商品を、海外へ渡航しなても契約できるいくつかの会社があるようです。

 

 

スポンサーリンク

日本で契約できるオフショア投資商品は?

現在、国内で契約する事ができるオフショア金融商品は

 

・RL360°(ロイヤルロンドン)
・ITA(インベスターズトラスト)
・PA(プレミアトラスト)
・メティス

の4社です。

 

この中でメジャーなのは…ロイヤルロンドンかと思いますが…

 

今回はITA(インベスターズトラスト)とプレミアトラストにスポットを当ててみます。

 

各社の違いと特徴

 

各社とも在籍している国が違います。

 

・インベスターズトラスト→ケイマン諸島
・プレミアトラスト→ヴァージン諸島
・ロイヤルロンドン→マン島
・メティス→香港

 

どの国もオフショア地域であり、金融機関の1つではありますが、会社の内訳は違います。

 

【保険会社】
・RL360°(ロイヤルロンドン)
・ITA(インベスターズトラスト)

 

【信託会社】
・PA(プレミアトラスト)
・メティス

 

保険会社でも信託会社でも、金融機関である事には変わりありませんが、会社への信頼度は違うと考えいます。

 

保険会社と信託会社の違い?

各国のライセンスや法律により違いはありますが、比較的に会社を設立し易いのは‥信託会社です。

 

信託会社とは、委託者が目的に合わせて、所有する財産を信頼する組織や専門家に託し、資産運用や管理を任せているので、財務体質や企業内部の情報についても非公開な部分も多いです。

 

それに比べて保険会社は、保険業という法律の元に監督官庁から内部体制を厳しく管理されています。

 




インベスターズトラストとは?

インベスターズトラストはオフショア地域であるケイマン諸島に籍を置く保険会社です。

 

ケイマン諸島とはカリブ海にある島国で、資産運用会社や特別目的会社などの海外の金融業も多く籍を置いています。

 

インベスターズトラストが設立されたのは2002年で、現在は世界30以上の国や地域で事業を展開し、保険契約者は5万人、運用資産は7億ドルもある大きな企業です。

 

注目点は、厳しいケイマン諸島会社法に基づきSPC(Segregated Portfolio Company=特別目的会社)として登録されている事です。

 

SPCとは、会社の資産と顧客の資産を完全に分離して管理されているため、投資額の時価総額が保証されているという点です。

 

プレミアトラストとは?

プレミア・トラストは、2007年に英国領ヴァージン諸島に設立された信託会社です。

 

ですが、運用担っているオフィスがあるのはアメリカで‥日本人が契約できる担当IFAはシンガポールの会社‥という少しややこしい会社形態です。

 

比較的新しい会社であるため、日本人契約者もまだ少なく、あまり詳しい情報が広く出回っていません。

 

プレミアトラストの特徴としては、運用先のインデックスを次の5つから選ぶ事ができ、割合も自分で決められる自由度です。

 

・S&P 500
・MSCI Emerging Markets IMI
・S&P ASIA 50
・EUPO STOXX 50
・MSCI ACWI IMI

 

この中から自由にポートフォリオを作成し、15年運用140%の元本確保が成されているのは、他社にない特徴となります。

 

まとめ・オフショア投資は危険?

 

海外投資ですから、

 

言葉の壁や環境の違いなどの障害はあっても、
自分自身の勉強やマネーリテラシーを上げる努力で危険な投資や不利な契約から逃れる事ができる

と思っています。

 

私の海外投資についての考えは、

 

多少の利率が悪かろうと、何もせずと安定に増える商品を選ぶ事!

 

なので、IFAの運用成績がどう?とか投資方針はどう?などが気にならない商品しか契約していません。

 

【安定的に年率4%前後で複利で増える商品】これで十分だと思っています。

 

資産が数倍になる‥年率9%以上で運用されている‥なんて投資はないと思ってますし、あっても超ハイリスク商品です。

 

もし、そのようなオフショア投資を紹介されたら注意した方が良いと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。




コメント