スポンサーリンク

オフショア投資・タックスヘイブンの税制やその恩恵を受けるとは?

オフショア投資

このブログで、タックスヘイブンの恩恵を受けて有効な資産運用を!と記載していますが、

 

読者さまから、

タックスヘイブンとは、どのくらいの税制優遇があるのですか?税金は払わないのですか?

 

というご質問をいただき、たしかに何の税制が優遇されているのか?

 

そして税金について大きな勘違いもあるのでは?…と思いブログでまとめさせてもらいます。

 

スポンサーリンク

何を基準にタックスヘイブンなのか?

いろいろな解釈があるようですが…タックスヘイブンにこれが基準です!と明記されたものもなければ、基準もないようです。

 

ただ1つの判断として…

法人税が20%未満の国がオフショア地域やタックスヘイブンと言われているようです。

 

どうしてオフショア地域の投資商品は素晴らしいのか?
オフショア投資がどうして日本より素晴らしい利率で投資が運用できるのか? その1番理由はやはり、 タックスヘイブン=税制優遇 に他ならないです。 日本では投資をしてもその利益に対して20%の税金がかかります。 オ...

 

規模や金額を考えても、税制の優遇を直に受けるのは…やはり会社や法人でしょうから…そこが、1つの物差しになっているようです。




個人投資家としてはどうなのか?

オフショア地域に籍がある会社であれば、利益を税金に回すことなく、そのまま設備投資や開発費に補填ができたり、株主に還元することができ経済は豊かに発展していくことができます。

 

そして当然、個人投資家もこれらの会社の恩恵を、配当や分配として受け取ることができます。

 

「これはすごい!タックスヘイブンへ投資をしよう!!」

 

という前に、オフショア投資や海外投資をしているのであれば、自分の投資に対する税金という義務をしっかり理解しておく必要もあります。

 

日本と香港の税制の違い

日本から1番近いタックスヘイブンは、香港です。

 

私も香港で資産運用をしており、その恩恵を受けています。

では、具体的にどのような違いがあるのか?

下記の表がとても見易いです。

【参照:お金のガイドブック
様より】

 

なし…という項目があることにビックリしますが、

 

特に個人投資家に大きいのは、相続税、贈与税、キャピタルゲイン税ではないでしょうか。

 

特にキャピタルゲイン税については、日本の場合、金融資産を売却して得た利益に対して20.315%(所得税20.315%、住民税5%)の税金がかかりますが、香港やシンガポールでは、投資によって得た利益をすべて手元に残すことができます。

 

そして、その利益を相続したり、贈与しても税金がかからないため、次の世代にもしっかりと資産を引き継ぐことができるのです。

 

日本では、3世代で資産がなくなるようにできている…と聞いたことがありますが…

 

香港のFTライフの保険商品に関しては、保険商品ですから次の世代に引き継ぐことができるのです。




香港には消費税がない!

 

香港へ渡航してビックリしたことは、消費税がない…ということです。

 

恥ずかしい話ですが…以前香港へ渡航した際に少し早く予定が終わり、香港国際空港近くにあるシティーゲートアウトレットで買い物をしている際に気がつきました。(笑)

転売できるものもあるかなぁ…と思って、アディダスなどを見ていましたが…本腰を入れれば少しのリターンは望めると思います。

 

大きな勘違いは危険

香港やシンガポールなどの税制優遇地区では利益に伴うキャピタルゲイン税がかかりませんが、

 

その資産を日本に戻す場合は税金がかかります。

 

タックスヘイブンでも税制優遇地区も、日本に住んでいるからには、日本の法律が適用されます。

 

ですので、私は悩んだ時は必ず税務署に相談するようにしています。

 

せっかく有益な資産運用ができたのに、税金を収めていなく…追徴課税になってしまったら…全く意味がないと思っています。

 

一個人が税制で悩んだところで…何も解決しない!ですし、国の収入であり、憲法で記載されていることに一個人にできることなんてない!と考えています。

 

まとめ

現在の日本には50種類もの税金があるようです。

 

国税、都道府県税、市町村税に分けられ…その内訳を見たら…何がなんだかわからなくなってきます

 

先日、e-Taxにて確定申告を実施しましたが…そのシステムはずいぶんと解りやすく簡素化されていると思いますが…

 

税務署の確定申告作成方法窓口に並んでいる高齢の方達を見ていると…それだけでも大変だろうなぁ…と思えてしまいます。

 

たしかに、日本は税金も高く…消費税も10%になりますが、社会保障制度はしっかりと整備されていると思っています。

 

税制優遇だけを見ると…たしかにタックスヘイブンは羨ましいですし、魅力に思いますが…

 

治安、医療、子育て、道路状況などなどで考えれば…日本という国も良い環境だと思います。

 

今後少子高齢で環境も大きく変わるでしょうし、税金が安くということは100%ないと思いますので、

 

しっかりと貯蓄を増やし、合法的にオフショアを上手く活用して、確実な資産運用をすることが大切かと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。



コメント