スポンサーリンク

HSBC銀行ユニットトラストの分配金入金は凍結防止になるのか?

HSBC香港銀行

読者さまからご質問をいただきました。

 

HSBC香港銀行で投資用口座を開設し、neoさんのように分配型ファンドを買うメリットは、その分配金の入金でお金を動かしていることになり、凍結防止になるからでしょうか?

 

ご質問ありがとうございます。

 

スポンサーリンク

分配金は…凍結防止になるのか?

私が思うところ…HSBC銀行のユニットトラストで毎月分配型のファンドを購入して普通口座に入金させたとしても…

 

凍結防止にはならないと思います。

 

一見…毎月お金が動いているように見えますが、これはあくまで自動に分配金が入金される仕組みなので、何か口座に対してアクションしているわけではありません。

 

あくまで窓口やATMなどの入金・出金の作業が必要です。

 

自動引き落としも口座が動いていることになのかもしれませんが…

 

定期的に自分で出金することをおすすめします。




HSBC銀行のユニットトラストを購入している理由

ユニットトラストを購入している1番の理由は…その魅力的な分配利回りですが、

それと同じくらい重要なのは、

 

・口座維持管理手数料を分配金で賄うこと
・マルチカレンシーで外貨を得ること

 

です。



口座維持管理手数料を分配で賄うこと

香港のHSBC銀行に限らず…海外の銀行は、日本の銀行と違い口座の凍結を躊躇なく実行します。

 

日本の銀行で口座凍結される時は…口座名義人が死亡した時くらいでしょうか…

 

HSBC銀行の場合は、口座のお金が流動していることが凍結されない1番の対策になりますので、

 

私は3ヶ月に一度セブン銀行から1000円を出金しています。

 

その1000円を口座維持管理手数料として分配金の一部から捻出する形をとっています。




マルチカレンシーで外貨は得ること

私はユニットトラストの分配金をすべて米ドルで受け取っています。

 

あえて毎月分配金を米ドルで拠出してくれるユニットトラスト購入しています。

 

ですので、現在口座には、日本円、米ドル、香ドル3つの通貨を保有しています。

 

日本国内の資産だけでなく、海外の金融機関にも資産を保有しておくことの重要性は、これまで何度も記載しているので…ここでは記載しませんが、

 

今後…資産を国内海外の割合を50:50にしていきたいと思っています。

 

まとめ

HSBC銀行の普通預金にただ資金を置いていても…期待以上の金利は付かないのが実情です。

 

それであれば、投資用口座でユニットトラストなどの金融商品を購入して運用した方が有益だと思います。

 

また、投資用口座で運用している資産も、最低預金額の一部として計上されるので…PI口座であれば大きな資金がなくても口座を維持していくこともできます。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。



コメント