スポンサーリンク

IFAを知らない?オフショア投資で大切なのはリスクヘの対策です!

オフショア投資

最近このご質問が多いのですが…

先日オフショア投資でI社の投資商品を契約したのですが…日本の紹介者を経由して契約したのでIFAがわかりません。プランを解約したいのですが…

NEO
NEO

その紹介者の方にIFAを教えてもらい直接解約の連絡をされたらどうでしょうか?

 

紹介者はこのまま継続した方が良いと言い…解約させてくれません…IFAも教えてもらえません…

 

こんなことってあり得るのか…正直ビックリを通り越して…言葉が出てきませんでした。

 

私の知っている知識で出来る限りのことはお伝えしたいのですが…最近この質問が数件来るのは…そのような紹介者がいるのか?と思えてしまいます。

 

スポンサーリンク

オフショア投資をするのであれば自分で管理徹底する!

・IFAがあるから安心!

・紹介者がサポートしてくれるから大丈夫!!

と、お考えならすぐに思考を変えた方が良いです。

 

プライベートバンクほどの顧客なら別として…

 

資産は自分で管理し、自分で守るものです!

 

任せっきりでなく、常に情勢を追いかけて、IFAとも定期的に連絡を取り、紹介者の所在などを把握しておく必要があるかと思います。

 

また、私は必ず最低1ヶ月に1回はすべてのオフショア金融商品のサイトにログインし、資産の状況とパスワードの管理をしています。

 

そして英語の勉強も継続しています。語学が堪能であればどんな社会でも強みになりますし、手続きなどで不足の事態に陥った時には、直接金融会社に連絡することもあるかもしれないからです。

 

通訳ができるほどの語学力は必要ないと思いますが、最低限のリスニング力があれば十分だと思っています。




紹介者やエージェントは…

私の認識では、日本の紹介者やエージェントは契約後にIFAから契約報酬をもらっている訳ですから、最低限相談や手続きの手伝いくらいはしてくれるもの…と思っています。

 

そのような誠実な人は少ないのが現実なのでしょうか…。

 

紹介マージン目的でメリットや利回りだけを紹介し、しっかりとしたリスクや注意点も説明せず、勧誘する人もいるのかもしれません。

 

そのような人から商品を契約してしまい、IFAの移管や解約となれば…それだけで大きな資産と時間を失ってしまいます。

 

日本で紹介者を入れてIFAと契約するのであれば、

・契約者>紹介者の関係が作れ、何でも相談できる人
・この人なら成功報酬が入っても良い!と思える人

 

が、私が思う紹介者の条件です。

 

まとめ

何か不安…と思うのであれば、止める!というのも素晴らしい選択肢だと思います。

 

無理に海外投資のリスクを負ってまで…大切な資産を海外に出すのであれば、国内で有益な資産形成はできます。

 

私はそれを高配当株やREITで実践し運用しています。

 

オフショア投資の恩恵を受けるのであれば、それ相当の覚悟と決心を持って望まないといけないと思います。

 

なぜなら…途中でリタイアしてしまう人が多いからです。

 

想像以上に積立を継続するメンタルは難しく、ましてや海外投資となればさらにそのハードルはあがります。

 

ですが…それを乗り越えた人には素晴らしい恩恵が受けられるのです。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。



コメント