スポンサーリンク

2月の運用実績。相場は回復傾向ですが・・暴落の不安は付きまとう

運用実績月別運用実績

2月の運用実績と、取引を振り返ってみます。

 

今月の動きとしては、


・日本株貸株運用スタート
・タカラレーベンインフラファンドから分配金入金
・試験的に日経VIを購入するも・・すぐに利確し撤退(笑)
・オフショア積立追加投資
・つみたてNISAを楽天証券でVTI購入開始
・海外ETF追加投資(PFF)、新規銘柄(SPYD)購入

 

この他に今月の大きな動きは・・このブログを大きくリニューアルしました(笑)いつも試行錯誤ですが、高配当投資でセミリタイアするためにもっと積極的になろう!!と更に強く決心したので、タイトルも変えました。

 

そしてオフショア投資の出口戦略について行動も開始しました。少しずつブログでも詳細を記載していますが、【いつどんなことがあっても残された家族が資産をしっかり引き継げる対策】を取っておくことが重要だと強く感じています。

 

NEOの中心となっている投資先の

・HSBC銀行ユニットトラスト

・米国株

は、基準価格や株価も徐々に回復傾向にあり、利益も大きく出ている銘柄もありますが、これらの銘柄は短期で売買するものではないため、このまま保有を続け分配・配当を受け続けます。

 

今月も単調ですが、決められた日にち、決められた金額を購入することの方がやはり大切だと感じました。

 

スポンサーリンク

2月の相場から学んだ事

2月の相場はゆっくりと回復していき・・市場に安堵感があるように感じますが・・このような時にこそ暴落や調整が来るような気がします。


CNNニュース【Fear&Greed Index】

現在のところGreed【72】を保っていますが・・暴落・調整はあるものだと考えて、一時の価格に左右されない投資スタイルが重要だと感じています。

 

そして忘れもしない…昨年の丁度今頃…世界同時株安だったのです…。

 

1年前の指数は【12】と…Extreme Fearになっています。

 

また、昨日の米朝首脳会談の結果が今後どのようなに世界経済に影響をもたらすか・・気になるところですが、これまで地政学リスクや政治家の発言などで動いた価格など気にすることなく、追加投資を継続することが確実ということを学んでいるので気にすることもないと思っています。




【 日本株 】

今月も日本株トレードにより利益確定なしです。

そして追加投資もなしでした。

 

NEOが配当&優待目的で購入しているANAは大きく含み益です。

 

来月は優待権利確定日ですし、価格は一時的にもう少し上がるのかな・・と感じていますが、優待&配当セット銘柄は売ることなく、保有することで恩恵を受けられるのでこのままキープあるのみです。

 

インフラファンドの「タカラレーベンインフラファンド」から分配金が入金されました。

 

インフラ法人や再生可能エネルギーについては賛否がありますが・・高配当ポートフォリオの底上げとして大きな役割をしてくれています。

 

また、このインフラファンドやREITについてはまた後日記載させてもらいます。

 

先月からスタートさせた貸株は毎日貸株金利が入金しています。

 

初めての試みですが、何事も運用しながら考える手法なので失敗することもあります。

 

貸株については・・1か月運用してみて、投資の選択肢を広げるという意味では有りなのかな・・と思っていますが、最終手段の投資方法だと強く実感してしています。

 

今回勉強になったのは、やはり実際に運用をしてお金を動かしてみないとわからないことも多々あるということです。

 

今年の課題としていた上昇相場に何を仕込み・・下落相場時でもどれだけ利益が出せるか?の検証をするべく日経VIを購入しましたが、購入してみてリスクなどに初めて気がつくこともあります。

 

実はこの銘柄購入してました・・的なブログはしないと決めていますが、286円に収益ですので記載させてもらいました(笑)

 

そして3月からは本格的にJ-REATについてリサーチします。

 

【つみたてNISA】

2019年からつみたてNISAは楽天証券へ移行し、楽天VTIを積み立てることにしました。

 

支払いをクレジットカードにしたため、楽天のシステム上の関係から1月分の支払いは間に合いませんでしたが、2月から毎月36000円を積み立てることにしましたが、無事決済されていました。

 

楽天VTIは軒並みV字回復をしていますが、昨年購入していたSBI全世界株式インデックと楽天VTは微益まで回復、ひふみは回復戻しつつも・・含み損です。

 

いつまでアメリカ経済が堅調なのか?なんて誰にもわからないと思いますが、この結果を見ると・・やはりアメリカ経済が世界をリードしていると言わざる負えないと思います。

 




【ロボアドバイザー】

ロボアドバイザーで運用しているTHEOは、大きく回復しています。

先日Twitterでアップしましたが、含み益まであと少しです。

 

ETFの知識や為替手数料の対策ができるよう人にロボアドバイザーは不要です。

 

手数料割引を始めたTHEOには好感が持てますが、早く解約したいです(笑)

 

せっかくここまで積み立てたので、わざわざ損切りはせず、大きく暴落しない限りバリュー平均法で追加投資もせずこのまま動向を見守りたいと思います。

 

【仮想通貨(暗号資産)】

今月も追加投資も何もせず静観していました。

 

NEOが購入している、

3つの仮想通貨も軟調な価格帯が続いています。

 

さまざまな情報が出続けている中でもポジティブなものもたしかにあるので、情報収集だけは継続したいと思います。




【海外投資(オフショア投資)・香港金融商品】

こちらの商品は、中長期で保有しているだけで資産が倍近く増える商品なので何もしません。

 

・S会社

・F会社

・I会社

 

この3つの商品が根本にあるため、その月にどんな暴落があろうとも安心して投資ができています。

 

各種の金融商品の特性とリスクをしっかり理解し、情報収集は継続していきます。

 

HSBC香港銀行の投資ファンド

NEOが購入しているユニットトラスト(投資信託)は、今月もしっかりと7%近い分配金を出してくれました。

 

年末から大きく下げていた基準価格も少しずつもとの水準まで戻ってきてきます。

 

ですが、この商品は基準価格が下がろうと上がろうと関係なく長期で保有することに意味がある商品なので、分配を出してくれている期間はずっと保有し続けたいと思います。

 

そして2月からHSBC銀行の口座についてこれまで単独名義でしたが、今後共同名義にすべく妻とともに動き出しました。

 

オフショア金融商品の出口戦略として、HSBC銀行の口座を開設したのであれば共同名義にすることは必須だと感じます。

HSBC銀行口座を共同名義にすることの大切さについて
日本の銀行では…使用されずそのまま預けっぱなしの休眠預金なるものが毎年約700億円も発生しているそうです。その原因の1つとして、日本では1人につき1口座となっていることも考えられるようで、いつの間にか複数の銀行の預金口座を所有し預けていた…

海外ETF

2月は新規銘柄と追加投資を実施しました。

 

新規投資をした銘柄は、

・SPYD【S&P500高配当株式ETF】

追加投資をした銘柄は、

・PFF【米国優先株式ETF】

です。

 

住信SBIネット銀行が米ドル為替手数料無料キャンペーンを継続させているので、2月は少し多めにドル転し、上記ETFを購入しました。

 

今後、ETFのポートフォリオも少し見直しを検討しています。

 

購入理由は下記に記載しました。

今月の新規銘柄は【SPYD】、S&P 500高配当ETFに決定!
先日のブログの続きです。今月の追加投資の銘柄は【PFF】にしたことは記載させてもらいました。そしてもう1本の銘柄は、新規銘柄になりますが【SPYD】とすることに決めました。購入理由これまで主銘柄として米国高配当ETF【HDV】に投資をして…
今月の購入銘柄の1つは、【PFF】に追加投資をすることに決めました。
今月も高配当株に追加投資する日にちが近づいてきました。ブログを書いていると尊敬できる投資家の方に出会える機会が多いのでとても有益だなぁ…と感じます。例えば…同じ有益な情報を見たとしても…ブログを書いている自分、情報だけを見ている自分では…

【まとめ】

2月も多くの気がつきや学ぶことがありました。それはこのブログのおかげであり、読者さまのおかげです。

 

いつでも謙虚な姿勢と筋道が通った投資活動を続けていきたいと強く実感しましたし、投資家以前に人としても・・そのような行動が重要だと強く実感しました。

 

そのような行動をしていれば、縁は形を作ってくれ、素晴らしい出会いや知識も学べるのだと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。




コメント