スポンサーリンク

FAANGやMANTなどの米国個別株について思うこと

米国投資・ETF

読者さまからご質問をいただきました。

 

米国株に関してご質問があります。

 

これから本格的に米国株に投資をしてみたいのですが、AmazonやFacebookなどの株への投資は今からでは遅いのでしょうか?

 

それともneoさんが実施されているような米国高配当株に投資をするスタイルの方が良いのでしょうか?

 

よろしくお願いします。

 

 

ご質問ありがとうございます。

 

私のような者を米国投資家と呼んでいいのか…恐縮ですが、まだまだ若輩者だからこそ実践できていることを僭越ながら記載させてもらいます。

 

スポンサーリンク

何を求めるか?

結論は…投資に遅いという選択肢はない!ということです。

 

いかに早く投資を始めるか?これに尽きると思います。

 

私は投資こそ時間軸を味方にすることが1番の成功への近道だと思っていますし、

 

それには時間が長いことに越したことはありません。

 

そして何より経験というかけがえのない財産を早くから得ることが、投資家としての成長に大きく左右すると思うのです。




銘柄選定

何に投資をするのか?

 

そして、どのような銘柄に投資をするのか?

 

FAANG銘柄などのようにキャピタルゲインをメインにするのか?

 

それとも、生活必需品セクターなどの高配当株をメインにし、インカムゲインを選るのか?

 

これも答えは簡単なのですが…

 

個人の性格・環境にあったものを選べば良いと思います。

 

ここでも私が重要視するのは…やはり…

 

時間という1つの大きな物差しがあるからです。

 

FAANGやMANTなどのキャピタルゲインを狙う投資家の方は…

 

短期でリスクを高くリターンも高く資産を形成し、

 

そして、私のように高配当株に投資をする人は、

 

長期でリスクを低くリターンもそれなりに資産を形成することを目的としていると思います。

 

つまり、時間をどれだけかけられるか?ということです。




時間と投資額

例えば…

短期に資産を確保したい…でも投資できる資金が少ない…

という人が値動きが少なく配当重視の生活必需品セクター株に投資をすることはあまり有益ではありません。

 

資金は多額にあり、その資金を運用して暮らしたい…

という人が、配当は出ないが成長することで株価としてリターンをもたらす…Amazon、Facebook、NFLXなどに投資をしても…あまり有益ではありません。

 

つまり、年齢、目的、投資金額、資産額などにより…その人それぞれに合ったプランを選べば良いと思うのです。




FAANGやMANT銘柄について

この銘柄たちが現在のアメリカ市場の成長の証といっても良いほど…素晴らしい銘柄たちだと思います。

 

NFLX株価推移

Amazon株価推移

参照:Bloomberg株価より

2018半ばまで上昇し続けたこのような銘柄に投資をすることができれば…

 

短期で資産を築くことができ、キャピタルゲインの恩恵を得られたことになります。

 

ですが、2018年の半ばからハイテク株の暴落が続きました。

 

その時もこの銘柄を信じて保有し続けられた人がいったいどのくらいいるでしょうか?そして現在回復しているこの株価…

 

ハイテク株は終わった…と言われてもキャピタルゲインのために相場から離れず利益確定できる自信も知識も私にはまだありません。

 

さまざまな意見がある中…これからAmazonやFacebookがどうなるか?

 

そんなことは誰にもわかりません。

 

私はわからないからこそ…これからも自信が持てるまで、高配当株に追加投資をし続ける手法を選びます。




まとめ

お金持ちになるなら…誰もが短期でその目標を実現したいはずです。

 

ですが、短期間で富豪になれる人とは…余程の天才トレーダーか、強運の持ち主なんだと思うのです。

 

投資の現実って厳しい…私はそのように思うのですが、

 

世の中にある年利10%以上を確約している商品や、ICO、私募投資案件に比べると…

 

遥かに株式へのキャピタルゲイン投資の方が有益だとは確信しています。

 

これから投資を始めよう!という方の心意気に付け入るような怪しい投資が世の中にはいくらでもありますが…

 

まずは、騙されない、勢いで買わない契約しないというところから、

 

確実な株・債権ETFから投資を始め、少しずつキャピタルゲインをメインにするのか?インカムゲインをメインにするのか?選択しても遅くはないと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。



コメント