スポンサーリンク

自分なりに投資を続けてきて…大切にしているルール

投資情報

投資の参考書や投資情報を記載しているブログなどを見ていると…よく目にする言葉があります。

 

それは…自分のルールを作るというものです。

 

さまざまな情報や投資手法の中で…自分に合っているものをいかに早く見つけられるか?

 

それは投資を成功させる1つの重要なことだと思います。

 

投資家として、まだまだ半人前の私ですが…自分がこれまで投資を続けてきて大切にしているルールをまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ストレスのない投資をする

これまでチャートを見ながら、FXなどの投資を短期トレードで実施してきました。

 

そこで感じていたのは…取引が終わると疲労困憊でストレスが溜まってる自分自身がいることです。

 

FXで成功されている方も多くいますが、自分の場合は…チャートが上昇し、金額が増えていくのが快感なだけだったと今はわかります。

 

資産を増やす…という漠然とした目標はあったものの、その資産を具体的にどうしたいというものはありませんでした…

 

ですが、結婚し家庭ができると…

資産をできるだけ早期に増やし、セミリタイヤすることで家族との時間を増やしたいと強く意識するようになりました。

 

そして以前のようなパソコン画面と向き合って取引をしている時間も…家族ができればなかなか確保できません。

 

それであれば…いかに放置をしても資産を増やせるか?を意識するようになり、

 

高配当株に追加投資を継続する手法が私の中の投資ルールとなりました。

 

この手法に変えたおかげで…時間にゆとりができ、家族との時間を確保しながらこうしてブログを書くこともできるようになりました。




情報収集のルートを数カ所作る

世の中には投資の情報が溢れかえっています。

 

どの情報を信じて、どのように活用するのか?

 

それも投資家に求められる必要最低限の能力だと思っています。

 

そして、たとえ有料で支払って得た情報であっても、一度は精査した方が良いと思います。

 

また、その道の投資はそれを専門に取引してる人の方が当然有益な情報を持っています。

 

私のように…いろいろな資産に投資をしてる人間に仮想通貨の質問をするのであれば…

 

FATFや仮想通貨の情報を常に追っている人に質問した方が有益です(笑)

 

そのように、自分の中でこの情報はこの人!と参考にする人を特定することも重要かと思います。




そのうちやろう…は危険

まだ先の話だから…そのうちやろう…という考えは今すぐにやめるべきだと痛感しました。

 

それを強く実感したが、

HSBC銀行の共同名義仮想通貨取引所に対するFATFの対応です。

 

HSBC銀行の共同名義については…現在まだ単独名義のため、今の状況で私が亡くなってしまうと…口座は凍結され…香港の金融資産をHSBC銀行に送れない状況になっています…

 

オフショア投資が手元に戻ってくるのは20年以上先かもしれませんが…明日のことなど誰にもわからないため、早急の対応が必要です。

 

そして、FATFによる仮想通貨に対する指針が6月に勧告されますが…

 

この勧告に耐えられる体力と技術のある仮想通貨取引所に資産を移行した方が懸命だと思います。

 

私もそのうち仮想通貨をすべてSBIVCに移行しよう…と安易に考えていましたが、

 

もう残り3ヶ月なので先日すべての仮想通貨を移行させました。

 

まとめ

自分の中で作成したルールも…その時その時の状況によって変わる、と言うのが実情だと思います。

 

利益が確実に出せるルールが実在したとしても…そのルールに則った取引ができないと意味がありません。

 

つまり何を優先するのか?なのだといます。

 

そして、どんな時も冷静に物事を吟味することが大切だと思うのですが、その反面スピードもとても重要です。

 

そのような判断能力は経験が補ってくれると思うので、どんなときも相場から離れず確実な投資を心がけたいと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。




コメント