スポンサーリンク

生活防衛金を早く作り、若年層で高配当株に投資をすることが重要!

ライフスタイル

ご質問をいただきました。

 

社会人になり一年が経過しました。怒濤のように一年が終わってしまい…お金を使う機会が逆になく…思ったよりお金が貯まりました。

車を購入したい、海外旅行に行きたい、という欲はなく…そのお金で資産運用をしてみたい、という気持ちになりとても興味があるのですが…どのようなものから資産運用を始めた方が良いでしょうか?

neoさんの経験からアドバイスよろしくお願いします。

 

ご質問ありがとうございます。

 

 

スポンサーリンク

市場から離れないこと

結論なのですが…

よく現金は金融危機に備えてある保有しておくことがとても大切…という言葉を聞きますが、

 

いつ来るかわからない金融危機に備えてお金を貯め込むよりは、

 

毎月必ず決まった金額を継続的に投資できる仕組み作りをした方が賢明だと考えています。

 

投資を時間軸で見つめ直した時に…必ずと言って良いほど参考にされる金融危機は、リーマンショックだと思います。

 

誰もがリーマンショック級の金融危機を絶好の買場だと思い、投資をしたい!と思うのですか、

 

それは過去のチャートを振り返った時に感じることであり、現にアップルやタバコ銘柄、ボーイングなどに今こそチャンスと投資をできている人が…どれだけいるでしょうか。

 

そして、金融危機が来るならショートをしておこう!と考えて備えることができる人など…ヘッジファンドや金融機関、極一部の天才トレーダーだけだと思うのです。

 

いつ起こるかわからない…起こらない可能性もあることを考えても意味はないので、

 

【毎月決められた額】+【配当・分配金】+【節制した余剰金】で投資を実施すること

をおすすめします。

 




心構えは…

まだまだ半人前の私ですが…2017年のような上昇相場は…早く忘れることが良いかと思っています(笑)

 

参考として考えるべきは…2018年の相場だと思います。

 

短期的には荒い値動きが続いても…株式市場も緩やかに上昇し、一時のネガティブなニュースや政治家の動向などを気にせず、継続して投資をしていくことこそが正解だと思うのです。

 

今後も資産性の高いものを選別し、

生活防衛金が貯まったら、後は資金を残さず全力で高配当株に投資続けること

が重要だと思います。

 

目標の設定がすべて

私の場合は、50歳でセミリタイアを目指して日々投資をしています。

 

まずは…どのような目標を設定するか?によって投資手法も当然変わってきます。

 

社会人として雇われての身である以上、昇格することが1番の収入アップになるわけですが、

 

その伸び代もどれだけ良い企業に就職しているか?である程度は決まってします。

 

そして…厳しいようですが、就職した時点である程度セミリタイアできる年齢は決まってしまうのも現実です。




自分がどのような立場なのか?

十分な給与が毎月支払われるのであれば、インカムゲインをメインにしても良いかと思いますし、

 

あまり給与が良くない…のであれば時間を要することを覚悟することが大切だと思います。

 

そして、時間を短縮するには…

・キャピタルゲインで利益を伸ばしインカムに回す

・出世する

・もっと給与が良い会社へ転職する

・節約して余剰金を生む

これらの方法しかないと思うのです。

 

まずは、自分に合った投資がどのスタンスなのか?見極め、若ければ若いほど有益な投資ができると思います。

 

生活防衛金という準備が大切

私は新卒からの数年…毎月の収入はほとんどを会社の組合貯金に積立していました。

 

この質問者の方と同じで趣味や欲求がなかったので、ある程度まとまった金額が数年で貯まったのですが、

 

のちにこのお金が生活防衛金になってくれました。

 

私が投資という選択ができたのは…30歳になった時なので…この質問者様のことは本当に尊敬できます。

 

何に投資をするのか?

今だからこそ思えること…そして個人的な思考や方針によって行き着いた答えですが…

最初はETF→個別高配当株へシフト

というのが良い流れのように感じます。

 

最初はETFでトレードや銘柄選定の勉強をして、その後決算書か読めるようになったら、個別株にシフトすることが理想の流れのように感じます。

 




まとめ

私は生活防衛金を貯めたのち、基礎となる部分を香港の金融資産で固めました。

 

オフショア投資商品とHSBC銀行ファンドで運用をしていますが…

 

万人の方におすすめなのか?…という決してそのようには思いません。

 

日本国内の証券会社で資産運用をしても有益な投資はできると思います。

 

海外投資は、法律、語学、時差、国民性、情報、現地のコネクションなど…利回りの良さ以上の覚悟と決心が必要だと感じます。

 

仮に…将来のセミリタイアを目指すのであれば、「順番」を間違えないようにしないといけません、

 

そして何より経験に勝るものなし!だと思うので、投資は早めに開始することをおすすめします。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。




コメント