スポンサーリンク

満期を迎えたオフショア金融商品を…どのように手元に戻すか?

オフショア投資

日本から一番近いタックスヘイブンである香港。

 

その香港の金融商品を購入し、税制優遇の恩恵を受けて資産を増やすことがオフショア投資の目的ですが…

 

無事に運用が終わった資金をどのようにするのか?

 

香港に居住しており、そのまま使用するのであれば全く問題がないのですが…

 

満期を迎えた資金を…どのように日本の手元に戻すのか?

 

この部分は本当に重要です。

 

私の考えでは…単純明快に…

海外銀行口座(共同名義)に送金するか?
日本のネット銀行に送金するか?

 

この二者択一です。

 

スポンサーリンク

海外送金事情・・一番の選択は?

まずは、近年の海外送金事情についておさらいをします。

 

国際的に資金の動きを監視し、強化を図っている機関の代表格として、【FATCA】、【CRS】、【FATF】などがあります。

 

昨今において国際的脱税、マネーロンダリングやテロに対する抑止が厳しくなっていることは日々のニュースや、実際にHSBC銀行から個人情報アップデートの確認電話などで認識することができます。

 

オフショア投資のように長期投資の末、満期を迎えた多額の資金が突然日本の銀行に着金された場合、その資金について銀行側から確認が求められます。

 

その際…これまでであれば、「海外で満期を見変えた金融資産です」、「満期を迎えた外貨建ての保険商品です」と回答すれば済んだものが、

 

今後は必要書類の準備や着金拒否などの可能性も考えると・・

 

金融商品を購入している国の銀行口座を持っておくことが賢明だと考えます。

 

つまり、香港であればHSBC銀行やスタンダードチャータード銀行の口座を開設しておくことが一番の安心材料となると思うのです。




送金パターン

金融商品の受け取り方法は、銀行送金小切手になるのですが、断然に銀行送金の方がおすすめです。

 

オフショア保険会社や積立ファンド、IFAによって満期時の対応は違うようですが…

 

「小切手で送りますので後の対応は如何様にしてください」というIFAもあります。

 

仮に小切手で発送されて来たとしても…それを現金化しないことには始まらないわけで、

 

その作業を日本の銀行でするのか?海外の銀行でするのか?ということになるのですが…

 

そのパターンを含めて考察してみます。




現地銀行に送金 or 現地で小切手換金

結論からいうと…どのパターンから考えても金融商品を購入している現地の銀行に送金してもらうことが一番効率が良いです。

 

なぜなら、HSBC銀行にオフショア金融商品の資金を送金しても着金手数料はかかりませんし、

 

HSBC銀行であれば、日本国内のセブン銀行やゆうちょ銀行からも資金が降ろせます。

 

現地銀行で小切手換金も窓口に提出するだけで良く…手数料等もかからないですが、

 

現地に渡航することと、窓口で英語のやり取りが必要となります。

 

よく海外渡航もして英語も堪能であれば問題ありませんが…そうではなければ、小切手での選択は必要ないかと思います。




国内銀行に送金

海外送金のハードルは年々上がっています。

 

現在、海外の金融資産を日本に送金することは可能ではありますが…

 

日本国内に送金することはあまりお勧めではないです。

 

なぜなら、手数料が高いことと、着金拒否の可能性もあるからです。

 

まずどうして手数料が高いのか?といえば、それは現在の国際送金システムに原因があるからです。

 

※現在の海外送金システム


参照: ALisさんHPより 仮想通貨送金のまえに現状の送金システムを理解しよう

こちらの図が大変わかりやすいのですが、

 

海外送金を行う際に中間にC銀行、D銀行と余計な銀行をまたがないといけません。

 

もちろん、その際に手数料が加算されます。

 

素直にA銀行→B銀行と送金できれば良いのですが…現状は違うのです。

 

B銀行を住信SBIネット銀行と例えるなら…

 

現在の住信SBIネット銀行は米ドルであれば、5万ドル以上の着金は手数料無料なのです。

 

それでも多額の手数料がかかってしまうのは、途中に余計な中間手数料が加算されているからなのです。

 

そして、これから益々厳しくなっていくであろう…国際送金…

 

海外送金ができない時代が来る!ということは…ないと思いますが、わざわざ懸念材料がある海外送金をするのであれば…

 

金融商品を購入している現地(国)の銀行口座を開設しておいた方が賢明だと思います。




国内銀行で小切手換金

これは1番効率が悪いやり方です。

海外の振出小切手を日本の銀行で現金化する場合には…

 

多額な手数料と換金できる銀行が現在ほとんどない!というのが現状だからです。(現在は2銀行のみ)

 

その詳細はこちらでまとめています。

オフショア金融商品が満期を迎えた時…どのように手元に戻すか?
最近つくづく思うのが…投資計画の出口についてどれだけ考えて、どれだけの対策をしているか?ということです。特にオフショア投資に関しては、香港という異国の地の金融商品に投資をしているわけですから、常に現地の情勢や契約状況の確認などを定期的に…

 

 

まとめ

海外送金も投資と同じことが言えるのですが、シンプルが一番良いのです。

 

逆の立場でIFAから見れば…解約金を銀行送金でも小切手でも関係なく、手続きができれば良いわけです。

 

要は…いかに自分でその環境造りをしておくか、が大切なのだと思います。

 

そして、海外銀行を開くこと=税金申告逃れではない!!と強く記載しておきます。

 

しっかりとルールや法律を守ることが大前提であることは記載するまでもないと思いますが、誤解がないようにしておきたいと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。



コメント