スポンサーリンク

MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法を読んで

おすすめ本

いまさらですが…広瀬隆雄さんと聞けば、米国投資をしている人であれば知らない人はいない、と思えるほどパイオニア的存在だと思います。

 

これまでもブログやセミナーなどさまざま活動をされていますが、現在もnote、動画配信、サロンなど超有益な投資情報を提供してくれています。

 

そんな広瀬さんが2013年11月に著者されたのがこの…

 

【MarketHack流 世界一わかりやすい米国式投資の技法】

となります。

今さら…と思えてしまう方もいられると思いますが…私にとってETF投資から個別株へのシフトチェンジをする時に…

 

まさに読んでおくべき!読んでよかった!!と思える1冊となりました。

 

スポンサーリンク

多くの方が…広瀬さんを参考にしているのでは?

私がETFから個別株にシフトしていく中で…多くの投資家さんのSNSや著書を読んで感じたのですが…

 

広瀬さんの手法だ!と思える方が結構いられました。

 

実名で公表している方もいれば、師匠と例えたり…まったく名前を出さなかったり…と様々ですが、

 

私なりに好感が持てる方の殆どの方が広瀬さんのMarketHack流を取り入れていると感じました。

 

本当に有益で素晴らしい情報は、高額なお金を払わなくても得られる…と実感したところです。




著書の内容

【主な内容】

序章 1990年代のシリコンバレーとMarket Hack流投資術が編み出されるまで

第1章 Market Hack流投資術

第2章 ポスト団塊ジュニア世代のネストエッグ戦略

第3章 デイトレーダーへの道

第4章 長期投資のコツ

第5章 2014年の投資機会

 

長期投資・短期投資の手法や、先物、ETFについても解説してくれ、各国の情勢についても触れています。

 

数年前の本とは…まったく思わず、参考になることだらけのこの著書は、私の中で大きな存在になりました。



MarketHack流とは?

Amazonなどでも公開されている詳細と案内はこちら↓

「Market Hackく流投資術10カ条」

1. 営業キャッシュフローのよい会社を買え

2. 保有銘柄の四半期決算のチェックを怠るな

3. 業績・株価の動きが荒々しい銘柄と、おとなしい銘柄を上手く使い分けろ

4. 分散投資を心がけろ

5. 投資スタイルをきちんと使い分けろ

6. 長期投資と短期投資のルールを守れ

7. マクロ経済がわかれば、投資家としての洗練度が格段に上がる

8. 市場のセンチメントを軽視する奴は、儲けの効率が悪い

9. 安全の糊代(のりしろ)をもて

10. 謙虚であれ(投資の勉強に終わりはない)

 

この10カ条さえ励行すれば、投資で大失敗はしません。と記載されています。

 

これは…本当に心強く、そのとおりだなぁ…と著書を読むと実感できます。

 

営業キャッシュフローの大切さ

 

個別銘柄を選ぶ上での重要なことを具体的にわかり易く解説してくれているのが、この著書の特徴です。

 

ですので、米国株投資…難しそう…と思わず、是非読んでみることをおすすめします。

 

そして、この知識は米国株に問わず、日本株にも参考になります。

 

そうして、私が購入したのがオリックス(8931)となります。

今月の高配当株はオリックス(8591)日本株と米国株の二本立
毎月の楽しみとなっている高配当株の銘柄選定…尊敬できる投資家の方やSNSや著書などの情報からどの銘柄を選ぶのか?私の日課に成りつつあります。そして、今月の投資先して選んだのは久しぶりの日本株…【オリックス 8591】です。

 

オリックスの魅力は、その安定した営業キャッシュフローとキャッシュフロー・マージンにあります。

 

どうしてキャッシュフローが重視されるのか?それはこの著書を読んでもらえればわかることですが、

 

その背景には先日大暴落したRIZAP(2928)がその答えを教えてくれます。




まとめ

まだまだ記載したいことは山ほどありますし、学べたことも本当に豊富です。

 

私のように個別銘柄を選別する基準を定めたい…と思っている人には打ってつけの著書だと思います。

 

今後の投資の参考になるバイブル的存在になりましたし、これからも広瀬さんのTwitterやnoteの情報は常に追いかけたいと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。



コメント