スポンサーリンク

【生涯投資家】村上世彰氏の株式投資への考えから得たものと投資方針

おすすめ本

以前読んでみて大変参考になりわかりやすかった本が、

 

村上世彰氏が著書された【今君に伝えたいお金の話】なのですが、

 

投資仲間の方が同じ村上世彰氏の【生涯投資家】のという本もおすすめされていたので、購入して読んでみました。

 

【今君に伝えたいお金の話】より、さらに投資の根源について詳しく書かれている印象があり、

 

【生涯投資家】の方が2017年に販売されているため、私は先に新書から読んだのですが、

 

順番的にはわかりやすい著書から深い内容へと順番にに読めたのでとても良かったと感じています。

 

スポンサーリンク

村上世彰氏を投資家なら誰もが知っている

この方の名前を聞くと…村上ファンドを思い出し、

 

敵対的買収(TOB)、インサイダー取引、逮捕などのネガティブな印象がありました。

 

ですが、この生涯投資家という著書を読んで…そのイメージは変わりました。

 

生粋の投資家というか…投資に対する信念や覚悟というものを感じました。

 

著書の大半は、これまでのご自身の経歴や各投資活動で起きた出来事に対する解説なのですが、個人投資家には別世界だなあ…という印象を受けました。

 

自分のような個人投資家が村上ファンドが実行してきた取引などができるはずありませんが、

 

企業とファンドが水面下でどのようなやり取りをしているのか?知っていて損はないと思います。




コーポレートガバナンスとは?

経済ニュースなど目にする、【物を言う投資家】

 

この言葉が周知させたのは、村上氏だとわかりました。

 

先日、伊藤忠商事がDESCENTEに対して敵対的TOBを実行し、伊藤忠商事が一定の株式を取得したためTOBは成功しました。

 

その後、取締役達が一掃され新しい経営方針となると思いますが…このようなことは日本ではあまり起きないのが現状です。

 

村上氏の著書を読むと、上場する意味企業が株主のために利益を追求することなど本来の株式市場の在り方を実感することができます。

 

もっとサバイバル状態というか…日本の株式市場は創立者によるお互いに緩い関係が保たれている感が否めません。




ROEとPBR

この2つの指標についてお復習します。

ROE(自己資本利益率)=企業が自己資本をいかに効率的に運用して利益を生み出したかを表す指標
PBR=株価が1株当たり純資産の何倍まで買われているかを表す指標

となります。

 

つまり、ROEは自己資本利益率が高い会社であれば投資をしたお金を有効に使ってくれている会社と判断することができ、

 

PBRは1株当たり純資産の何倍の値段が付けられているか?を見る投資尺度です。

 

これらの指標で、日本とアメリカを比べてみる3倍以上の差がついてる現実があります。

 

それは国民だけでなく、企業すらも貯蓄は美徳とする根本的な考えがあるからだと感じました。

 

積極的に投資を行い、企業は株主に還元をする意識の違いがアメリカと日本にはあるようです。




まとめ

この著書を読んで感じたのは…アメリカ市場への投資は間違いないと確信が持てたことです。

 

そして村上氏が投資をする銘柄を選ぶ際の基準としている期待値という考えは大変参考になります。

 

また妥協しない生き方についても書かれており、そのことにより得たものと失ったものについても共感できる部分がありました。

 

サラリーマンを生業にしている私にとっては、妥協することの連続なので…それが良いのかと自問自答するきっかけにもなりました。

 

結局は、古い企業体質の組織にいる以上は妥協も当然のことと理解しています。

 

それが嫌であれば、自分が出世するか、いつでも辞められる配当金を確保することが先決だと感じました。

 

この本を読んでみて感じたのは、尊敬できる投資家の方が勧めてくる本はどれも参考になるものばかりだということです。

 

本日も読んでくださりありがとうございました




コメント