スポンサーリンク

HSBC銀行ファンド(ユニットトラスト)を毎月分配型にする理由

HSBC香港銀行

HSBC銀行を開設することが有益なのはわかっているけど…

 

その後どのように活用すればいいのかわからない…そのような方も多くいられると思います。

 

その背景には、ネットの情報・投資家・FPからオフショア投資を勧められるがまま開設してしまい…

 

その後の運用方法や活用方法をしっかり教えてもらえないことが原因だと思っています。

 

今回は、HSBC銀行の口座を開設した後、いかに有益に口座を活用していていくか?をまとめさせてもらいます。

 

チャレンジした海外投資で無駄のない資産運用をしていく方法をお伝えできればと思います。

 

 

スポンサーリンク

HSBC銀行ファンド(ユニットトラスト)を毎月分配型にする理由

HSBC銀行を開設する理由のほとんどは、オフショア投資の出口戦略だと思います。

 

特に日本から1番近いオフショア地区である香港の金融商品を購入し、HSBC香港銀行を開設しておくことは、満期時の対策としては有益です。

 

その理由はこちらです↓

ご質問:香港HSBC銀行の口座開設するメリットは何でしょうか?
読者からご質問をいただきました。HSBC銀行の情報があまりない中…いつもブログを拝見させてもらっています。これからオフショア投資を始めたいと思っているのですが、やはりHSBC銀行の口座は必要なのでしょうか?どのような開設メリットがあるのか?

 

たしかに、私も口座を開設している目的として、オフショア投資の出口戦略という理由もあります。

 

ですが、本当のメリットはHSBC銀行が販売している投資ファンドを購入し、運用することだと考えています。

 

そのファンドも毎月分配型を購入することでさらに口座管理が有益にできるのがポイントなのです。




毎月の分配金を口座維持費用へ

HSBC銀行は日本の銀行と違い、口座を開設したら、はい!終わり…というわけにはいきません。

 

HSBC銀行の口座を管理する上で最もネガティブなことは、口座が凍結されることです。

 

その凍結を防止するための対策として毎月分配型のファンドを購入するのです。

 

HSBC銀行では、口座が動いていることがもっとも凍結を防止する対策になります。

 

ですので、毎月支払われる分配金を口座に入金させて、3ヶ月に1度は最低引出し金額である1000円を口座から引き出しています。

 

私はその資金を確保するために毎月分配型ファンドを購入しています。




その他のメリットと注意点

その他の分配型ファンドを購入するメリットや注意点は下記のとおりです。

 

国際送金はハードルが高い

口座に資金が少なくなって来たら、海外送金をすればよい!と思うかもしれませんが、国際送金は思っている以上にハードルが高いです。

 

そして、何より手数料が高いです。

 

この分配型を購入することで、外貨が自動に口座に入る仕組みを作ることができるので、海外送金をする手間を省けることができます。

 

自分にあった口座レベルへ変更しておくこと

口座には3つのランクがあり、最低預金金額も決まっています。

 

HSBC銀行の口座をダウングレードする必要がある時とは…?
読者様からご質問をいただきました。昨年、香港のHSBC銀行の口座を開設し、そのままの状況なので…現在の口座はアドバンスなのだと思いますが…ダウングレードする必要があるのか悩んでいます。セービング口座に300万円ほど入金しており、最低預金額…

 

口座を開設した場合、自分の資産レベルや目的に合った口座へ変更することがセオリーだと思います。

 

口座に最低預金金額が入っていなかった場合、口座維持手数料がかかってしまうため、せっかく口座に入ってきた分配金を減らさないことも重要です。




まとめ

ファンドは毎月分配型・再運用型と大きく2つに分かれると思います。

 

これは個人の好みで選べば良いと思いますし、私のように分配金を利用したい、貯まるのが楽しいと思える人であれば分配型を選択すれば良いと思います。

 

また、同じ分配型でもどこの国の通貨でもらうか?を選ぶこともできます。

 

私は米ドルで分配金をもらっていますが、香港ドルでもポンドでも良いと思います。

 

分配金で海外に各国の通貨も確保することができ、口座維持資金を確保できることから、私は分配型ファンドをおすすめします。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。



コメント