スポンサーリンク

現在のような株価上昇時に…どのような行動と対策をしておくべきか?

投資情報

現在のような上昇相場がいつまで続くかわからない…それは誰もが思っていることだと思います。

 

このまま高値を更新し続けていくのか?

それともまた暴落があるのか?

 

こんな上昇相場の今だからこそ、できることや心構えなど、個人投資家としての対策をまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

現在のような株価上昇時に…どのような行動と対策をしておくべきか?

私が思いつくまま…下記に対策を羅列してみます。

 

・BNDやAGGなどの優良債券ETFに投資をする

・社情貯蓄などを活用する

・HSBC銀行などの海外銀行に資産を送金し、通貨を分散させる

・住信SBIネット銀行やHSBC銀行の定期預金を活用する

・ヘッジ実施する(ショートを仕込む)

・現金の比率を上げておく

・利益の出ている一部銘柄を利益確定する

です。

 

BNDやAGGなどの優良情券ETFに投資をする

BNDやAGGなどの優良債券ETFに投資をするなら…現在のような株価上昇時がチャンスだと思います。

 

株価が上昇すれば債券は下落する傾向にありますので、債券市場から様式市場に資金が流れるこのような時こそBNDAGGに投資をしたいものです。

 

ですが…現在の相場はすべてのセクターで上昇傾向のため…なかなか債券ETFの株価も下がって来ません。

 

絶好のチャンス!とはいかないところですが…緩やかに価格は下がってきているので株価のチェックを欠かさないようにしたいと思います。

 




社内貯蓄などを活用する

民間企業や公務員の方であれば、福利厚生の一環である社内貯蓄などを活用しても良いと思います。

 

自社株購入も良いのかもしれませんが…できれば安定的なもので代替えし、すぐリセッション時に現金にできる方が良いと思うので…私のこの社内貯蓄を活用しています。

 

利率がものすごく良いわけではありませんが…現在のような相場の時は、給与からの天引きを少し多くして現金比率を上げる対応もしています。

 

HSBC銀行などの海外銀行に資産を送金し、通貨を分散させる

海外に銀行口座を持っている人であれば、海外銀行に余裕資産を送金することも選択の1つだと思います。

 

少額であれば、トランスファーワイズなどの海外送金会社を活用して通貸の分散をしておくことも有益だと思います。

 

海外の銀行口座に資産を所有しておくだけで、【日本】と【円】に対するリスク分散になるので、投資先が見つからない時は海外に資産を送ることも選択の1つです。

 

住信SBIネット銀行やHSBC銀行の定期預金を活用する

住信SBIネット銀行であれば、頻繁に外貨預金のキャンペーンが開催されています。

 

私も先日、米ドル1ヶ月定期7%というキャンペーンで定期を組みました。

 

通常ですと…1ヶ月定期1.55%なので運良くこのようなキャンペーンがやっていなくても定期を組むことにメリットはあると思います。

 

また、HSBC銀行でも上記と同じことが言えます。

 

ただ、海外銀行だからといって定期預金の利率が良いかというと…まったく違います。

 

むしろ、住信SBIネット銀行の方が利回りは良いです。

 

現在のHSBC銀行の1ヶ月米ドル定期は0.2%ですが、海外に米ドル資産を作ることにメリットがあるので…

 

余裕資金があればHSBC銀行に送金し、定期預金を組み、海外口座に米ドルを増やしたいと考えています。

HSBC銀行の資金を無駄なく運用するため定期預金を活用
オフショア投資の1番の魅力は、タックスヘイブンという税制が優遇された国で高利回りな投資商品を運用して資金を増やせることです。ですが、それと同じくらい有益なことは海外に資産を持てるということです。海外資産というのは、国内の証券会社で買える…




ヘッジ実施する(ショートを仕込む)

下落時にも利益が出せる…これは究極の目標でもあります。

 

そのようなヘッジ(ショート)をポートフォリオの一部に入れることができれば…さらに資産運用は安定すると思います。

 

私はその部分をCFD取引で米国VIを両建てすることにより実施しています。

 

現在のような相場時では、VIやVIXなどの恐怖指数は低下(リスクオフ)します。

 

このような時に買い(ショート)を仕込み…今後一気に吹き上がるであろう相場悲壮感に備えている状況です。

 

どうして両建てするのか?という理由については、以前のブログにまとめていますが、

 

CFDの場合、価格調整が月に1回実施されるので両建てすることでそのリスクを軽減しています。

 

恐怖指数は相場の感覚です。

 

ヘッジというより…相場のボラティリティを取りいくイメージで取引をしているのですが、

 

ある意味逆張り思考の取引なので…私なりにいろいろと模索しながらこちらも継続していきたいと思っています。

CFD口座を開設して、米国VIを両建しながら確実に利益を出す方法
6月から新しい試みとして、GMOクリック証券の口座を開設し、CFD取引を実施しています。CFDというと、短期売買やチャートを見ながら運用するイメージがあるかもしれませんが…私が実施している取引は、一切何もせずそのまま放置で安定して利益が取れ

 

利益の出ている一部銘柄を利益確定する

高配当株投資とはいえ…ある一定の含み益になれば利益確定させる必要もあると感じています。

 

ですが、その際は税金手数料の問題もあります。

 

買ったらガチホ!がセオリーかもしれませんが、自分の中でルールを作成しておくことも重要です。

 

一定割合で利益確定した分はもちろん再投資して無料株にする必要がありますが…

 

その際は、ある程度普段では買えないような…リスクを負えるような銘柄に投資をしたら面白いと思います。

 

まとめ

NYダウもS&P500も最高値を更新し続けていますが、このまま株価上昇は継続するのか?しないのか?

 

闇雲に含み益になったらすぐ利益確定というのも…投資手法として正しいとは思いませんが…

 

未来のことは誰にもわからないので、コツコツと利益を確定させることも重要です。

 

数字上の含み益はただ増えている数字なので、確定させて初めて利益になります。

 

そのことを常に考えつつ、高配当株投資を継続していきたいと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございます。