スポンサーリンク

投資サロンを選ぶ基準やリスクについて。投資教材やサロンもすべて投資です。

ライフスタイル

先日このようなツイートをしました。

 

以前に記載したブログを見てくださった読書さまからご質問をいただくことが続きました。

 

誤解のないように記載しておくと…決して私が入会していたサロンをおすすめします!ということではありません。

 

利益やリターンも大切ですが、投資サロンにはそれ以外の価値もありますよ!というメッセージです。

 

ですので、今回はこれまで数種類の投資サロンへ入会してきた経験から…

 

投資サロンや投資教材を選ぶ基準やリスクなどについて、まとめてみます。

 

スポンサーリンク

投資サロンを選ぶ基準やリスクについて。投資教材やサロンもすべて投資です。

これまで数種類の投資サロンに入会してきて感じた入会するならここに気をつけたい…という点は、

 

・年会費制か?月額制か?

・サロンができて何年か?会員数は?

・運営者とやり取りして感じる印象や直感

・口コミサイトの評価

・規約の確認

・会費から望めるリターン

 

を重視することが大切だと実感しました。

 

年会費制か?月額制か?

いろいろな支払い体制がありますが…会員目線から見て年会費制はデメリットだと思います。

 

ポジティブに考えれば、サロン運営者の自信の表れと考えられますが…

 

どれだけその人物が信用に値するか?だと思います。

 

ましてや…サロン費用が高額であれば尚更慎重に判断する必要があります。

 

なぜなら…先日このような事件があったからです。

このような時…支払い済みの会費はどうなるでしょうか?

 

月額制ですらリスクがありますが…年会費制となれば、そのサロンが1年後もあるという前提です。

 

もし入会を検討している投資サロンに【如何なる場合でも会費の返金はしない】旨が記載されているようなら…慎重に判断した方が良いです。

 

収入の面で年会費制は運営者にメリットはあっても…会員にはメリットはないと感じました。




サロンができて何年か?会員数は?

そのサロンができて何年になるのか?を確認することで安定性を確認することはできます。

 

ですが、そのサロンに活気があり…人気があるのか?は別の話です。

 

つまりは、サロン運営者が自分で評価している内容と実際の会員の評価は違うということです。

 

もちろん全員が満足!なんていうサロンはありませんが…

 

運営者がビックマウスだったり、みんな満足!というフレーズが多ければ…少し疑いの目があっても良いかもしれません。

 

例えば…

「うちのラーメンはめっちゃ旨いですよ!来るお客さん全員満足です!!」

「…本当かよ…好みあるでしょ」

 

本当に美味しいラーメン屋なら評判は口コミで広がるものなので…公言しなくても大丈夫なものです。

 

ですので、投資サロンにもまったく同じことが言えると思います。

 

また会員数が何人いるか?も大切だと思います。

 

あまりに大きく会員数が上下しているサロンは…何かトラブルが起きているかもしれません。

 

またプレミア感を出しているサロンも、見た目の価値上昇や戦略的な部分を見せている可能性もあります。

 

ですが、サロンとしても変な入会者が入ることでサロン内が荒れたり、

 

商品販売など違う目的で紛れ込む人を防ぐための策として敷居を高くしておくも大切なので…難しいところです。

 

運営者とやり取りして感じる印象や直感

第一印象や直感には素直に従うことが重要かと思います。

 

実際にサロン運営者に入会前に会える機会は少ないと思いますが…

 

メールのやり取りや文面から感じ取れることもあると思います。

 

私が感じる違和感や注目している点は…

・あいさつがない
・句読点がない
・以前と言っていることが変わる
・攻撃的な印象があり、ワンマンで短気である

つまりは最低限のモラルやマナーがない運営者と感じたら入会しない、退会するなどした方が良いと思います。

 

また以前と言っていることが変わるというのは、根底の考えや方針のことです。

 

投資ですので、常に臨機応変に対応するのは当然で、その都度柔軟に戦略を練る必要がありますが…

 

真の部分がズレると感じた場合も入会はしない方が良いと思いますし、退会を検討すべきだと思います。

 

何より入会者が費用を払っているのに運営者に気を使うような投資サロンであれば…ストレスが溜まります。

 

もちろん入会者側のマナーを守った上での話ですが、運営者が短気だったり怒りっぽい人だったりする場合は…

 

そもそもの人間関係の部分ですので…短気は損気と思って付き合わない方が賢明です。




口コミサイトの評価

サロン運営者の実績公表や謳い文句だけを信じてはいけません。

 

中にはハッタリや根拠のない話しがたくさんあります。

 

ですので、入会を検討している投資サロンの口コミサイトを確認することも大切です。

 

本当の真実を認識できる目が必要にはなりますが…

 

火のないところに煙は立たないのです。

 

そのロコミサイトや掲示板が荒れているような場合もありますが、

 

明らかに違うというような内容は文面を見ればわかると思います。

 

規約の確認

入会前に【規約】を必ず確認した方が良いです。

 

なぜなら規約は運営者寄りにできていることがほとんどだからです。

 

特にサロン閉鎖やサロン会費の返金についての記載はしっかり確認した方が良いと思います。

 

上記のような事件も起きたことですし、常に規約は確認しないといけません。

 

会費から望めるリターン

会費から望めるリターンを参考にするには、サロン運営者や投資教材を販売している人が公表している数字を参考にするしかありません。

 

ですが、そのリターン率もどこまで信じていいのか難しいところです。

 

ですので、やはり投資サロンや教材に何を求めるか?が一番重要になってくると思います。

 

株取引で利益を出したいのか?

投資仲間が集まるコミュニティーに参加したいのか?

 

など…理由の中には、お全に換算できない部分も投資サロンにはあります。

 

その辺りを費用と照らし合わせて決断をした方が良いですし、

 

何より投資サロンに入会すれば利益が出るといった…甘い考えは捨てた方が賢明です。




まとめ

投資サロンや投資教材などは…何気なく入会したり購入したりするのではなく、

 

投資サロン=投資と考えるべきだと強く思います。

 

また、その費用ももちろん大切ですが…時間もとても有益です。

 

無駄な時間を少しでも減らすために退会するときに良かったと思えるサロンを選べたら幸運です。

 

現在すべての投資サロンを退会して改めて思い返して見ると…

 

投資サロンは【投資ビジネス】を学ぶとても良い機会にはなると思います。

 

投資の最終的な行く末は投資ビジネスなんて記事を見たことがありますが…

 

自分が投資ビジネスしよう!とは全く思いませんが、投資ノウハウを売っている人の手法や考えを学ぶ良い機会にはなります。

 

投資=資産運用ということだけでなく、違う世界もあることが学べます。

 

ただ投資サロンも人と人との付き合いなので、サロン運営者の対応や言葉使い回りにいる人物やSNSフォロー対象なども大きな参考になると思います。

 

あとは入会した後も、そのサロンを盲信することなくしっかり観察することが大切だと思います。

 

サロン運営者と入会者の関係が、サロン運営者>入会者となるようなサロンであれば…退会した方が良いです。

 

会員はお客様!なんていう対応を求める必要はないかと思いますが、会費を払いながらストレスを抱えるなんて…本末転倒だと私は思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。