スポンサーリンク

11月の運用実績 米国個別株とETFへ追加投資するも難しい1ヶ月

運用実績月別運用実績

11月の運用実績と、取引を振り返ってみます。

 

今月の動きとしては、

・優先株式&インカム証券ETF(PFF)追加投資

・ウエストパックバンキング(WBK)新規投資

・インターナショナルビジネスマシーンズ(IBM)追加投資

・オフショア積立追加投資

・つみたてNISAを楽天証券でVTI積立

・CFD両建て投資コツコツ利益確定

・投資サロン退会

 

となります。

スポンサーリンク

11月の運用実績 米国個別株とETFへ追加投資するも難しい1ヶ月

今月は…すべての保有資産が上昇し…とはいかず、ひふみプラス以外はすべて含み益です(笑)

 

このような月は…株価上昇に伴う分配・配当利回りの低下により…追加投資に悩みます…

 

そんな中でも投資できる銘柄を探すことと、無理に投資をしないことへのバランスがとても重要になると再確認できました。

 

では、詳細をまとめていきます。

 

【 日本株 】

今月も何も動きはありません。

 

アメリカの株価上昇に引かれるように上昇している日本株ですが…

 

何か理由もないこの上昇に不安も伴います…

 

あまり積極的に日本株を買おう!という気持ちにはなりませんが…

 

ですが、日々値動きだけは確認しています。

 

これからも日本に住み、円を使用していくのであれば…日本資産も保有しておくことも大切になると思います。

 

今後はネオモバイル証券の口座を開設して、ポイント活用した投資を日本株で実施したいと思います。

 

【つみたてNISA】

2019年からつみたてNISAは楽天証券へ移行し、楽天VTIを積み立てることにしました。

 

今月も36000円を積み立てられており、無事決済されていました。

 

つみたてNISAに関しては、損益に関わらず長期に実施していくものなので、今後も何も変わらない投資方針で実施していきます。

 

今月は、昨年に投資をしていた銘柄でひふみプラス以外はすべて含み益になっています。

 

銘柄としては、

・楽天全世界株式 含み益
・SBI全世界株式 含み益
・ひふみプラス 含み損

 

今年中にあと少しの含み損が消えたら…ひふみプラスはすぐ利益確定したいと思っています。

 




暗号資産

今月も何も動きはありません。

 

世界情勢で不安定なことが起きれば、ビットコインなどに資産が流出する流れはあるかと思いますが…

 

この株価上昇局面では…あまり関係のない話のように思います。

 

暗号資産への追加投資は、すでに仕込み済みなので、このまま相場を静観したいと思います。

 




【海外投資(オフショア投資)・香港金融商品】

こちらの商品は、中長期で保有することが目的の資産のため特に何もしていません。

・S会社
・F会社

・I会社

香港のデモは沈静化する兆しはありません。

 

むしろ悪化するばかりです。

 

これらのデモが今すぐ金融市場に影響を与えることはないかと思いますが…

 

常に情報収集だけは継続し、今後も状況は把握できるように努めたいと思います。

 

HSBC香港銀行の投資ファンド&定期預金

購入しているユニットトラスト(投資信託)は、今月もしっかりと合計で6%近い分配金を出してくれました。

・アリアンツ インカム&グロース(米国株・ハイイールド債)

・全世界株式ファンド(HSBCファンド)

 

の2つのユニットトラストを保有していきます。

 

基準価格も軒並み上昇していますが、このようなファンドは保有し続けることに意味があります。

 

特にアリアンツのインカム&グロースはハイイールド債を多く含むファンドですが…

 

私は海外投資ファンドだからこそある程度リスクを負い、分配利回りを求めたいと思っています。

 

怪しいアジア圏の私募投資案件とは違い、世界的な銀行で売買している世界有数のファンドの商品であれば…比べる必要のないくらい安心できると思います。

 

米国株・海外ETF

今月はPFF、IBMに追加投資をし、WBKに新規投資をしました。

 

ですが、どれも少額投資となります。

 

追加投資に関しては、ポートフォリオの中で下落している銘柄を拾った形です。

 

また、WBKに関しては後日に詳細をまとめますが…投資をした理由は、

 

・国の分散としてオーストラリアが魅力的だった

・銀行株でリスクはあるが…配当が魅力的だった

 

ということです。

 

配当が減配しているところを購入しましたが…出る出る問題の嵐(笑)

 

これらを承知の上でも、このようなADR株は税金面でアメリカ株より優位ですし、国の分散は重要だと思います。

 

そして、各ETFの構成銘柄をセクター分けしてみると…このようになります↓

PFFの影響でかなり金融セクターに銘柄が傾いています。

 

ですが…分配リターンを求めるために…ある程度は致し方ないと思っています。

 

 




 

CFD取引

今月もコツコツと利益確定をして運用プラスです。

 

6月から始めたこのCFD【米国VI両建て投資】の詳細は、

・証拠金29万3000円

・トータル利益 1万1989円

・トータル利回り 約17%

・月別利益 4373円

 

となっています。

 

年間のトータルで3%を目指していますが…やはりCFDのネガティブ要因は、価格調整額だと思います。

 

CFD【米国VI】投資の価格調整額の計算と仕組みについて考える
6月から開始したCFD両建て投資ですが、現在の運用益はこちらです。・運用資金29万3000円・確定利益合計 1万9187円・トータル利回り 約15.2%目標としては年間5%運用できれば十分かと思っています。運用開始してから半年が経過し…

 

この月1回の価格調整額と付き合いながら…ショートによる利益を出せればヘッジが成り立ちますが…なかなか難しいものです。

 

投資サロンの退会

詳細はこちらの2つのブログに記載しています。

「コアメンバー」という有料投資サロンに2年間入会し学び得たもの。
先日、2年間入会していた投資サロンを退会しました。この投資サロンに入会した経緯は、香港での投資を実現させるために有益な情報とノウハウを得るためです。無事に香港の金融商品も購入することができ、HSBC銀行の口座も開設することができたので…
投資サロンを選ぶ基準やリスクについて。投資教材やサロンもすべて投資です。
以前に記載したブログを見てくださった読書さまからご質問をいただくことが続きました。誤解のないように記載しておくと…決して私が入会していたサロンをおすすめします!ということではありません。利益やリターンも大切ですが、投資サロンにはそれ以外の…

 

投資サロンや投資教材も当然投資なので、自分にとって費用よりリターンがないと思えば損切りすべきです。

 

私自身の性格として…有料の投資サロンは合ってないとわかったので、もう入会することはないと思いますし、

 

学べる術は他にいくらでもあると実感したので、卒業という形です。

 

【まとめ】

日本の経済…日本の未来はどうなるのか?ますます不安になるばかりです。

 

貸借対照表を自分の資産でも活用してみると…資産管理に大変役立つ
今年ほど多くの本を読んだ1年はないように思います。なるべくジャンルも多様なものを読むようにしていますが…どうして自分の関心がある投資や経済に関する本が多いのが実情です。以前ブログにもまとめましたが、ある程度同じジャンルの本を読み続けている…

 

香港では未来を守るために若者達がデモを行い、選挙でも民主派が8割の議席を確保しました。

 

その面…日本はどうでしょうか…

 

どこかのんびりしている…というか…傍観している…というか…

 

後期高齢者の医療費も2割に上がるということがほぼ決まりましたが…段階的な措置なのは間違いありません。

 

私達にできることは…将来に向けての行動のみだと思うので、一つ一つとしっかり向き合い、物事を先送りしないことが重要だと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。