スポンサーリンク

やっぱりこれだった!HSBC銀行の口座維持管理に1番適した方法

HSBC香港銀行

香港でHSBC銀行の口座を開設して…約3年…

 

銀行口座を開設をするまでは…

 

「どうのように開設すれば良いのか?」

「開設時の英会話は大丈夫か?」

 

そんなことばかり考えており…開設する時が1番大変なんだと思っていました。

 

ですが、現在感じていることは…

 

それ以上に口座を維持するための対策や費用について考えることの方が重要だったと…今は感じています。

 

ましてや…HSBC銀行でファンドを購入しているなら、リスクチェックや分配金の状況を含めて確認することも多いので…

 

口座を開設したら、「はい!終わり!!」ではなく…

 

開設後の方が大変だった…という経験を知っていただければ幸いだと思います。

 

今回はその対策の中でも、重要な口座維持管理について確信を持てる良い方法を今回まとめたいと思います。

 

スポンサーリンク

やっぱりこれだった!HSBC銀行の口座維持管理に1番適した方法

ユニオンペイ(銀聯カード)で決済すること1番だった

HSBC銀行などの海外銀行は、日本の銀行と違い…口座内の資金が動いていないと凍結されています。

 

ですので、半年に一度を目安に資金を動かしているのですが…

 

この資金を動かす有益な方法を信頼できる投資家の方達とのやり取りや、読者さまからのご質問から考えた末に…

 

口座維持に1番適している方法は…

 

HSBC銀行のキャッシュカードに付帯されている銀聯(ユニオンペイ)を使うこと

 

とわかりました。

 

前回10月にも銀聯(ユニオンペイ)で決済し、その結果を以前のブログにもまとめているのですが…

 

香港HSBC銀行の口座凍結防止に銀聯カード(ユニオンペイ)を使用
昨今の香港情勢を見ていると…とてもオフショア金融商品へ投資をする気にはなれない…そんな声も聞こえてきます。たしかに…その心境はわかりますし、これからも現在の香港がそのまま残されるとは考え難いところです。てすが、だからと言って国内にだけ資産…

 

その後、約5ヶ月が経過したので改めて口座維持のために資金を動かしてみました。

検証結果

さっそく近所にあるイトーヨーカドーで甘栗108円をユニオンペイで決済しました(笑)

 

帰宅後、すぐにHSBC銀行の口座を確認してみると…

 

「おー!すぐに反映されている!!」と感心したと同時に…

 

果たして…今回の手数料は?と計算したところ…

 

7.59HKD=108となり…

 

まったく手数料がかかってない!!ということがわかりました。

 

 

今回も無事に手数料がかからずに決済が完了し、口座内の資金を動かすことに成功しました!

 

今後の試案としは…もう少し高い金額になった場合はどうなるのか?

 

次の口座維持管理月に確認したいと思います。

 

まとめ

いろいろな口座維持管理の方法があると思いますが…

 

これまで半年に一度をセブン銀行から1000円を引き出す!という方法で実施していました。

 

HSBC香港銀行から引き出しをする際は手数料も安くて簡単!
HSBC香港銀行の口座を開設して約一年が経過し、やっと活用やシステム利用の方法に少しずつ慣れてきたところです。HSBC香港銀行は日本の銀行とは違い、ある程度口座内のお金を動かさないと凍結されてしまうため、NEOは定期的にセブン銀行から…

 

これはこれで…現金が手元に欲しい時に有益な方法だと思います。

 

それより日常使いで口座維持管理ができれば、尚更管理の負担は軽減できると思います。

 

私の場合、口座維持管理費用は毎月ユニットトラストから分配が支払われているので…まったく費用がかかっていませんし、

 

海外に資産を確保しておくことが資産運用における重要な目的でもあるため、これからもHSBC銀行を有効に活用していきたいと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。