スポンサーリンク

暴落時のオフショア積立…ITAなどの商品とどのように向き合うか?

オフショア投資

積み立て投資の基本は…

 

どんな相場でも継続して実施すること!これが絶対の原則となっています。

 

ですが…実はそれが一番難しい(笑)

 

特に…海外の投資商品となれば、尚更そのように感じます。

 

日本国内の証券会社から、例えばS&P500や全世界株式などのインデックスを購入するのとはまったく意味が違く…

 

海外の銀行やファンドから直接金融商品を購入することが海外投資と考えているので…

 

求める内容も情報も国内の商品とはハードルが若干上がります。

 

ですので…現在のような相場では特に過敏になってしまう状況でありますが…

 

このような時でも落ち着いてコツコツと海外(オフショア)積立投資をするにはどのようにすれば良いのか?考えてみました。

 

スポンサーリンク

暴落時のオフショア積立…ITAなどの商品とどのように向き合うか?

日本で有名なオフショア積立投資とえば…RL360やインベスターズトラスト(ITA)などだと思います。

 

現在Twitterやブログなどを見ていると…このような商品をお薦めしている内容をチラホラ見かけますが…

 

100年に1度と言われたリーマンショックを超える暴落が現在起きている最中…

 

このような海外投資商品に不安を抱えてる方も多くいられると思います。

 

その不安の原因は何なのか?私なりの見解は…情報の少なさが一番の起因だと考えています。

 

オフショア投資というものが、そもそもが閉鎖的な部分が多い投資商品ですから…なおさらだと思うのです。

オフショア積立をどのように実施するか?

そのような不安を払拭する方法ってあるのか…

 

私なりに考えてたことや実践している内容は↓

 

・IFAと常に連絡を取っている

・紹介者経由で契約したのであれば、その人に質問してみる

・定期的に運用会社のHPを見てみる

・香港の金融サポート会社に連絡してみる

・有力な情報を提供してくれるブロガーを見つける

 

ということか私の中で考えられ、太字のものが実際に実施していることです。

 

IFAと常に連絡を取っている

どんな些細なことでもすぐにIFAへ連絡を取る!!これが一番重要だと思います。

 

そして、これからオフショア投資を始めようという方は…迅速かつ丁寧な対応をしていくれる日本人がいるIFAと契約することが…

 

この投資を成功される重要なキーポイントになると思います。

 

今だから実感できる…オフショア投資やIFA選びで重要なポイント
先日、読者さまからご質問をいただきました。大変ご丁寧なお問い合わせは…やはり微力ながら何かお力になりたいと感じるところです。一部は削除加筆し、ブログ向けに変えさせてもらいましたが…私自身もとても勉強になる内容であったため、詳細をまとめさせ…

 

実際、私はコロナショックが起きてからもたびたびメールで質問を送っていますし…

 

先日一部の金融商品の支払いについて、運用側から誤った連絡があったため、コンプライアンスに関する質問もしています。

 

上記でも触れましたが、海外投資で尚且つオフショア投資であれば表に出る情報は限られます。

 

IFAしか持っていない情報も当然あるわけですから、その都度質問して新しい情報を収集することがおすすめです。

 

紹介者がいるなら質問してみる

あまり現実的ではありませんが…

 

紹介者を経由して金融商品と契約したのであれば、契約後の疑間点など質問してみるのも良いと思います。

 

完全にその人の人間性ですが…誠意のある人なら回答してくれると思います。

 

私は以前にもブログで記載しましたが…紹介者を介して契約することに、意味がないと思っています。

 

オフショア投資を紹介者から加入する必要はない!情報は入手できます
先日もこのようなご質問をいただきました。オフショア投資を始めるのに日本の紹介者から契約した方が良いのでしょうか?それとも直接契約した方が良いのでしょうか?このような内容は定期的に届くご質問でもあるため…以前にもブログで記載していますが…

極論…その紹介者もオフショア投資の投資家でIFAと常に情報交換しているような人であればまだ良いかもしれませんが…

 

契約するまでその方達のビジネスなので期待は薄いと思います。

 

定期的に運用会社のHPを見てみる

定期的に運用元のホームページを見てみると解決できることもあると思います。

 

例えば、ITAのホームページには新型コロナウイルスの対応や最近の格付けについても詳細が記載されていました。

 

格付けについては…どこまで信用するか?という判断になりますが…

 

客観的な外部評価として、そのファンドの運用状況の参考にはなるとは思います。

 

ITA社も2019年もAMベスト社で【A-】の評価を受けていたようです。

 

香港の金融サポート会社やブロガーの情報を見てみる

正直なところ…大半の問題は、IFAへの問い合わせで解決します。

 

ですが、一部IFAの説明だけでは疑問点が払拭できないor解決できない場合は…

香港金融サポート会社へ相談するか、優良ブロガーさんの情報や質問で解決します。

 

特に金融サポート会社は、コネクションを各々持っているので、逆にIFAでは対応できないトラブルも解決してくれることがあります。

 

私も実際にHSBC銀行のトラブルを解決してもらったことがあります。

 

ですので、契約後が心配で投資に踏み出せなかったり…サロンなどに加入し続けないと情報をもらえないと思っている方がいれば…

 

コストを考慮して決断されることが賢明だと思います。

まとめ

オフショア投資であれば、利率もよく元本保証!なんてフレーズを聞きますが…

 

まず元本を保証してくれる投資などはないと思います。

 

それを斡旋してくる人がむしろ撤退の合図です(笑)

 

元本確保を記載している商品もありますが、あくまで積立投資を継続し…様々な金融商品を1つのパッケージして販売されている商品ですから…

 

それも言い換えれば元本確保?という部分は正直あります。

 

ですが、海外に資産を築けることや通貨分散を目的としたキャピタルフライトとしては有益だと考えています。

 

常に投資はリスクとの付き合いなので、オフショア投資とはいえ、もちろんその範囲内の話ですから…

 

それでも投資したい!日本以外にも資産を分けておきたい!という方は挑戦してみても良いかと思います。

 

本日も読んでくださり、ありがとうございました。