オフショア投資

HSBC香港銀行

いろいろ試して行き着いた…HSBCセキュリティーデバイス管理方法

香港HSBC銀行で口座を開設された方であれば、ネットバンキングを使用するためにセキュリティーデバイスが付与されると思います。このままセキュリティーデバイスを使用することも可能なのですが、HSBCスマホアプに切り替えて運用する人もいます。
オフショア投資

オフショア金融商品のリスクを痛感…契約したら終わりではない現実…

昨今、ネットやYouTubeを見ていると…以前より確実に資産運用に対するブログや番組が増えているように感じます。その中には、海外の投資を斡旋する内容も多くあるのですが…株式、定期預金、不動産にしても…日本に在中している人に必ず当てはまるこ…
オフショア投資

積立を開始したら下船は許されぬ現実…オフショア投資は慎重に!

積立型の商品というのは、保険や年金などを含めると…投資商品に限らずたくさんあると思います。ですが…特徴的に、【投資商品】というだけで…「怪しい」「詐欺」というフレーズが付きやすい現実があると思うのですが…実際のところ、よくよくその商品内容…
スポンサーリンク
オフショア投資

資産をどのように守るか?国内・国外の投資の活用方法について

今…銀行にある資金がこれからも安心して預金し続けれるのか?そんなことを時たま思うことがあります。預金だけならできるかもしれませんが…間違いなく10年後…20年後にはその価値が等しく存在している、ということはないと思っています。そして…
オフショア投資

オフショア投資…指数連動の元本確保型商品について…私個人の見解

オフショア投資にある元本確保型の商品について…さまざま意見があります。元本確保に至るオプションが…実際は不可能なのでは?内容が不透明では?と、疑問に思うところは…私も全く同感な部分があります。先日も読者さまから、この元本確保型への投資に…
オフショア投資

オフショア投資の積立てを増額するより…有益な運用はあると思います

先日、このようなご質問をいただきました。現在、オフショア投資I社の【E】という商品を5年半ほど積み立てています。このまま積み立てをするより、減額しても同社の元本確保商品を始めたほうが資産が残せる、と言われ悩んでいます。また、別途積立運用も…
オフショア投資

香港資産運用の対策…情報を盲信せず、自分にできる事と向き合おう!

香港では国家安全法が施行され、デモの参加者300人が逮捕されたの報道がありました。また、中国軍が香港に駐在し暴動等を取り締まる…とのことでしたが…このようなニュースだけを見てしまうと…香港という自由都市が崩壊してしまったような印象を受けて…
HSBC香港銀行

FRBに救われた…HSBCユニットトラストのジャンク債ファンド

コロナショックの第2波が到来してしまっているのか…少しずつアメリカをはじめ…日本でも感染者が増え続けています。それと併発して、世界中で実施されているデモを見ていると…これまでのロックダウンはいったいなんだったのか?デモの密集状態を見て…
オフショア投資

オフショア積立投資は…手数料やリスクを考慮しても…投資すべきか?

昨今、オフショア投資でも…積立投資に関するご質問をいただくことが多くなっています。そのようなご質問を自分に当てはめて考えてみると…さまざまなことに気がつくことができます。今回考察してみたいことは…オフショア積立投資のコストは高い?オフショ…
オフショア投資

香港ドルのペッグ制はどうなるか?米国と中国の関係から考察

中国が国家安全法を香港に適用し、各国が各々対応しているとこるですが…その中でも1番キーポイントとなるのは…米国の対応だと思います。米国は香港への優遇処置を解除すると発表しましたが…これから香港の魅力でもあった自由で開かれたマーケットにどの…
スポンサーリンク